最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

趣味

2018/9/12

お勧め交換バッテリーと必要な工具はこれだ!【iphone6バッテリー交換】

iphone6の様なスマホを数年も使用していると、どうしてもバッテリー低下が顕著になってきます。 ただ交換するにはお金が勿体ないし、時間が掛かるし。。正規店は遠いし。。 そう、正規店で無料で交換といっても、バッテリー代はかかるんですよ!しかも高い。。 それに、正規店は新宿や福岡などの都市部にしかありません。 そこまでの交通費や時間を考えても、自分で交換するメリットは大いにあります!! なので、悩んだ場合は、パパっと自分で交換してしまいましょう。 意外に簡単で、コツさえ掴めばササっと交換できてしまいますよ! ...

2018/8/11

清水エスパルス 好調の要因は編成部に有り

画像引用元:エスパルス公式サイトより https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/38917/ 清水エスパルスが中断再開後3連勝と好調だ。 シーズン序盤こそ、波に乗れない時期が続いていたが、夏場を迎えた現在、遂に順位を8位まで上げてきた。 シーズン開幕前の予想では、ほぼ全員の"立派"な解説陣に、軒並み降格候補と烙印を押されてきたチームだけに、今何が起きてるのか? そして、この好調の源流は一体何処からきたのだろうか。 詳しく掘り下げてみた。 今シーズン序盤から躍進の兆候は表れ ...

2018/7/28

次のW杯に向けて何が残るのか?~日本代表のロシアW杯を振り返る ~

2018年ロシアW杯の日本は16強で敗れ去った。いや、敗れたというより、16強に進出したと言った方が適切なのか? この16強は、躍進なのか、当然の結果なのか、評価が二分するところだ。 2018年ロシアW杯が閉幕した今、日本代表の総括と、次の2022年カタールW杯に向けて警笛を鳴らしたい。 スポンサーリンク 評論家の予想を裏切った16強進出 多くの評論家は、グループリーグ敗退を予想していたはずだ。 あまりにもマイナス要素などの懸念点が多かったからだ。 私もその一人で、私は決勝トーナメントに進むことは難しいと ...

2018/9/17

大前元紀 コーナーキック不正疑惑!!【証拠写真有り】

大宮アルディージャ所属の大前元紀選手に新たな疑惑が生じた。 その名も『大前コーナーキック不正疑惑』 通常、CK時にボールは、半径1m(1yd)の四分の一円弧内(コーナーアーク)に設置しなければならないが、 わざとラインよりもゴール寄りにボールを置いて、少しでもゴールとの距離を縮めようとした疑惑だ。 本当だったら、大前元紀程の実力者にあって、何とも"せこい"事件だ。 果たして疑惑は本当なのか?写真と共に現地で観戦していたサポーターに話を聞いてみた。 疑惑は真実! ボールはコーナーアークの外に・・・ 写真を見 ...

2018/7/28

好調!大宮アルディージャと大前元紀への信頼

※写真=大宮公式サイト"https://www.ardija.co.jp/match/2018/j2/20/"より引用 大宮アルディージャが好調だ。5/27のJ2 第16節から7/7J2 第22節まで7試合連続で無敗を継続している。 序盤では、中々波に乗り切れなった大宮だが、ここにきて好調の要因は何だろうか。 データを介して、大宮好調の要因を探ってみる。 スポンサーリンク 大宮のチームスタイル 大宮の好調さを語るうえで、欠かせないのが、FootballLABサイトがデータをまとめている"攻撃ポイント"と呼 ...

2018/9/17

超簡単!水没したiPhoneを復旧させる方法

先日、iphoneをトイレに落としてしまい、画面が映らなくなってしまいました。 何とか復旧させようと思い、リバイバフォンなる物を試したところ、見事、iphoneが復帰しました。 復帰後、半年経った今でも特に不具合は見られないので、今回、リバイバフォンの紹介と体験談を綴ってみようと思います。 ※iPhoneが必ず復活するとは限りません。試される方は自己責任でお願いします。 リバイバフォンとは何? まず、今回使用したリバイバフォンについての紹介です。 リバイバフォンとは、イギリスで開発された、特殊なアルコール ...

2018/7/28

言いたくても言えない田嶋会長のエゴとハリル解任

ハリル解任から1か月以上が経った。 しかし1か月を経ても尚、核心を突いた階に理由など聞こえてこない。 ここまで出てこないということは、会長の言う通り、"コミュニケーションが全体的に希薄になった"ということが妥当な解任理由に当たるのだろう。 本当にどうして混乱を招くような解任劇が起きてしまったのか。 そして1か月経っても、まともな解任理由が見つからない所を見ると、会長独断の解任劇というのが現実味を帯びてきた。 スポンサーリンク 会長のエゴによる解任劇 結局、この人は我慢できなかった。 今年3月に春秋制を持ち ...

2018/8/2

波に乗り切れないがが心配ない 2018年4月を振り返って

画像引用元:清水エスパルス公式サイトより https://www.s-pulse.co.jp/games/result/2018050208/ 連敗中ではあるが、守備は安定しており、大崩れしたわけではない。 決定力不足がクローズアップされているが、決定機そのものは多く作れているので、時間の問題だと思う。 シーズン中はこういう時期は必ずあるし、浮足立つことは無い。 まだ序盤だから結果が分からないというのは、清水のようなチームを指すものだ。 スポンサーリンク 連敗中でも守備は安定 さすがの安定感を誇っており、 ...

2018/3/21

強敵仙台にもブレない粘りがあった 18'3/18 仙台戦

仙台を最初に倒すチームが、今季の優勝候補筆頭かもしれない。 それぐらいの勢いをもって仙台は日本平に来た印象だ。 ホームでの戦い方が今後を占う意味で非常に重要だと思ったが、やはり清水はブレない粘りがあったと思う。 前はともかく、後ろは固かった。 ただ、今節に限った試合内容で言えば仙台に分があった。 それでも引き分けなのだから、結果は悪くない。 今季の清水もまた、安定した強さを身に付けたといっていいだろう。 スポンサーリンク 仙台の驚異的なポゼッション 敵地に乗り込んで、清水相手にあれだけボールを保持し、且つ ...

2018/8/2

王国清水がまさに復活の時を迎えた 18/03/04 神戸戦

画像引用元:清水エスパルス公式サイトより https://www.s-pulse.co.jp/games/result/2018030304/ 今シーズンを占う上で2試合目に複数得点が生まれるかが重要だと思っていた。 3得点取れれば、このチームは上位に食い込めると踏んでいたが、期待以上の4得点は称賛ものだ。 特にDF立田は、2年目ながら大物の片鱗を見せた。 王国がまさに復活の時を迎えたことを確信した。 スポンサーリンク 今シーズンのACL圏内は夢ではない ネームバリューだけで清水を降格候補にあげるサッカー ...

2018/7/28

開幕戦で何を感じるか 清水vs鹿島 18年開幕戦

2018年のJリーグ開幕戦が始まった。 また今年も優勝を懸けた、激しい戦いの火蓋が切って落とされた。 そんな独特の雰囲気を持つ開幕戦だが、各選手、解説者は揃って重要な戦いと位置付ける。 勿論、大切なのは分かるが、果たして結果が大事なのだろうか。 そして清水の開幕戦はどんな戦いぶりだったのか。 スポンサーリンク 結果よりも、自分達の戦い方が通じるか感じ取ることが最も重要 結果は勿論重要だが、それよりも開幕3試合は自分達の戦い方が相手に通じるのか、もしくは打開不可能なのか、感じ取ることが最も重要だと思う。 結 ...

2018/7/28

ヨンソン清水の18年シーズン展望を占う

写真=S-pulse公式サイトより引用 ヨンソン清水がいよいよ今月末の開幕に挑む。 今年こそ上位進出を狙うチームだが、果たして思惑通りの結果が出せるか。 今年も順位予想では、軒並み降格候補の我らが清水だが、そんな低評価を覆す材料は無いのか? そんなヨンソン清水の展望を占ってみた。 スポンサーリンク 守備は安定、課題は攻撃の連携 キャンプから実戦を重ねて見えてきたのは、アグレッシブな守備から得点を許さないスタイルの確立が進んだこと。 ここまでテスト試合を含めて複数得点を許さなかったのは、ヨンソン戦術が浸透し ...

2018/1/19

クリスランは清水に合うのか? データで検証してみた

2018年の清水にクリスランが加入濃厚だ。 一体、クリスランが入った時、清水に何をもたらすのだろうか。 クリスランの特徴と清水、仙台のチームスタイルを比較してみた。 スポンサーリンク クリスランの特徴 クリスランの特徴は、何といってもフィニッシャーだろう。 出場時間1009分足らずで8得点を挙げ、90分平均得点は0.71を記録するなど、出場時間で見ればリーグ上位の得点率を誇る。 ちなみに大前は、1336分の出場で2得点しか上げられなかった。 だが、CBPで見た場合は、特に秀でた数字は見られない。 強いて言 ...

2019/1/26

ナダルが挑戦するダブルグランドスラムの夢 その偉業の凄さとは?

スポーツ界において、『連覇して本物』『2回勝って実力』という言葉はよく聞くだろう。 つまり1回勝つことは、運や流れ任せの部分も大きいが、2回勝つことは運だけでは達成できない。 2度勝つというのは、紛れもない実力が伴っていると始めて認められるということだ。 今年のテニス4大大会の1つ、2018年の全豪において、とてつもない偉業の2度達成に挑戦する選手がいる。 それはオープン化以降初の生涯グランドスラム2周(以下、ダブルグランドスラム)達成を狙うラファエル・ナダル、現世界ランキングNo1の選手だ。 そもそもダ ...

2018/12/15

太ってしまった大前元紀の画像がヤバい!!

ファンならご存知の方も多いだろうが、元清水エスパルス、現大宮アルディージャの大前元紀選手の体型が話題になっている。 何でも現在の体型が、1年前に所属していた清水時代と比べて、大分太ってしまったと言われているのだ。 しかしプロ選手にとって、体重やコンディション管理は重要項目。 そんな管理が甘いとは思えないが、実は筋肉だったり、ユニフォームが小さかったりなどの要因ではないのか? そこで、清水時代と大宮時代の写真を見比べて比較してみた。 太ってしまった現在の画像 こちらが、清水時代の画像と、大宮時代の画像の比較 ...

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.