最新トレンドを早く、深く、分かり易くお届けするブログ

やらまいか発信

資産運用

2018/8/11

今が仮想通貨の仕込み時。投資すべき通貨は?

今や暴落が目に付く仮想通貨は、二度と日の目を見ることがないのだろうか? いいやそんなことはない。欧州では仮想通貨のセキュリティ面について関心が高まっている。 知名度を抜きにして技術だけに注目すれば、自ずと答えは見つかるはず。 そこで、セキュリティ技術が高く、将来高騰する可能性が高い仮想通貨は何か探ってみた。 そのコインは、最先端の技術を持ち合わせているにも関わらず、意外と地味だった。 最先端のセキュリティ技術を搭載した"LISK" 今回、紹介するのは、地味だがセキュリティ技術が最先端である「LISK」につ ...

2018/8/3

GoogleアドセンスのPIN通知が届かない時の対処法

アドセンスで収入を得ようとする場合、Googleアドセンスは最も有効な手段です。 しかしアドセンスを開始してからPINコードが送付される”PIN通知”ですが、中々到着しません。 せっかく申請したのに、届かないってどういうこと? そんな時の確認方法や対処法をお教えします。 スポンサーリンク まずは住所と名前確認から まず届かない原因の多くの要因は、住所が間違っているか、名前をペンネームにしている場合が多いです。 GoogleAdsence[ホーム]を開き、以下の手順に従って、住所などを確認してください。 上 ...

2018/7/28

やって良かった投資信託1年間の実績!!【実データ公開】

私は、NISAによる投資信託を1年前から実践してきました。 その結果を公表したいと思います。 今まで、投資に興味無かった人や、暴落が怖いと思った方も、この記事を見れば不安が軽減すると思います。 是非、結果に注目して下さい。 スポンサーリンク 投資信託1年間の実績 まずは、投資信託1年間の実績をご覧ください! 結果から言うと、24%以上の利益が上がりました。 私は100万近くを預けていたのですが、この1年間で20万近く利益があったということになります。 しかもNISAですから、利益分は非課税で丸々自分の懐に ...

2018/8/17

仮想通貨は大暴落の今が仕込み時!再び上昇傾向へ

2018年1月から仮想通貨が大暴落したことにより、大半の仮想通貨の価値は、最高値を記録した去年12月から半減してしまった。 しかし、悲観することはない。 誰もが嘆くような状況の時にこそ、最も美味しい仕込み時なのだ。 今はまだ、投機的な意味合いが強いが、大事なのは”これから実用化が始まる"といったフロンティア部分が大きいことだ。 間違いなくメリットは存在し、世界共通通貨に向けて実現可能なポテンシャルを秘めている。 そして、その仮想通貨が何故今仕込み時なのか、理由を説明する。 スポンサーリンク 下降傾向から上 ...

2018/1/16

レアペペとは何だ?PEPECASHの魅力をまとめてみた

突然ですが、皆さんはレアペペという言葉を聞いたことはあるでしょうか? まだまだ馴染みの少ない単語ではありますが、現在高騰が続く仮想通貨の中で、今後重要なキーワードになってくる単語です。 一体レアペペとは何で?仮想通貨と、どういう繋がりがあるのか? そんなレアペペについて、今回はまとめてみました。 スポンサーリンク レアぺぺとは? まず、レアペペというのは、PEPECASH(以下、ペペキャッシュ)と呼ばれる仮想通貨で取引されるカードの中で、特に希少性や価値が高いカードのことを言います。 そもそもぺぺキャッシ ...

2017/12/13

日本発ICOトークンCOMSAは何時まで保有すべきか?

テックビューロ社がICOトークン"COMSA"を12月4日に自身の取引所[Zaif]にて上場させた。 しかし、まだ本来の価値とはほど遠い値段が付いていると思っている。 そこで、何時までCOMSAを保有すれば、現時点での最大限の利益が得られるのか、 逆に何時までに購入すれば、遅くないのか、売り時買い時の時期を推測してみた。 スポンサーリンク 少なくとも何時まで保有すべきか? 米国でのICOによる資金調達推移を参考にしてみる。 [参照記事] 独自の仮想通貨で資金調達、「ICO」米で急拡大 アメリカでは、ICO ...

2017/12/2

初心者が持つべきビットコインの種類と選ぶ取引所

仮想通貨は、余剰資金でもっておくべきだ。 今年になって、ようやくビットコインなどの仮想通貨が熱を帯び、ビットコインの価値は100万円を超えるまでに跳ね上がった。 こんな市場は、類を見ないが、持っていても損をしないだろう。 そこで、取引所、通貨の種類など、初心者がもつべき仮想通貨を紹介する。 スポンサーリンク 持つべき仮想通貨の種類 今現時点で言うならば、ビットコインとビットコインキャッシュと言いたい。 なぜならば、基軸通貨であり、今後、各販売店の支払いで普及されるのも、基軸通貨が第一等候補だからだ。 基軸 ...

2017/12/2

2017年12月 ドル円相場の予想

2017年年始から、今年は円安に向かうと、ほとんどのアナリストが予想したが、現実はそんな状況になっているとは言い難い。 FXの今後の運用に向けて、どのタイミングでドルを保有すべきか見極める為に、今月から来年にかけてのイベントやチャートの動向を予想する。 スポンサーリンク 12月のイベント まずは12月のイベントから見てみよう 12月6日 BOC(カナダ中銀)政策金利発表   8日 米デットシーリング(債務上限)期限   12-13日 米FOMC   14日 BOE(英中銀)、ECB、TCMB(トルコ中銀) ...

2017/11/15

COMSAトークンの上場日と取引時の展望予想

  11月15日現在、COMSAのICOで購入した方も、実はまだ注文を出しただけで、COMSAトークンは受け取っていません。 今後の取引までの流れは、下記です。 COMSAトークンのZAIF上場(11月中旬から末頃) トークンの受け取り(Zaifもしくは各種ウォレット) ZAIFにて取引開始(11月末頃予定) 今回は、COMSAの上場日と取引開始日、そして注意点について記載する。   上場日 COMSAトークンがZAIFに上場される時期は、11月中旬から末頃を予定しているとのこと ちな ...

2017/11/15

BCHはBTCに成り代われるか 高騰する要因と理由

仮想通貨のBCHの価値は、ここ数か月の内に、2,3倍以上に跳ね上がると予想しています。 ※2017/8/18現在、BCH=60,000円弱の価値 (coincheck) その結論に至った理由を簡単に説明しようと思います。 なぜBCHが生まれたか まず、BCHが高騰する理由を説明するに当たり、BCHが生まれた経緯から説明しなければなりません。 BCHは、BTCのハードフォークから生まれた、新たな仮想通貨です。 ※ハードフォークとは、該当仮想通貨のルールを変える際に旧ルールを無視し、新ルールを新たに適用するこ ...

2017/12/10

投資信託は本当に有益か? 実践して検証してみた

  今の超低金利時代、ボーナスや給与を銀行に預けていただけでは、ほとんど資産が増えない。 そこで、資産を効率的に増やす為にも、自ら投資信託に預けてみることにした。 私が思い切って実践した結果をご覧ください。 スポンサーリンク 実践結果 私の場合は、レオス-ひふみプラスというファンドに、6か月前に100万円を投資しました。 実績も申し分なく、信託報酬も低いため、安心して預けています。 実際に投資を行った結果を下記に示します。 <6か月後の実績> たった6か月で17%以上の利益を出してく ...

2018/1/7

FX 絶対負けない投資術 南ランド円は買うか?売るか?

私の結論は、ランド円は売ります。 約9割が買うと言われている中で、売るんですか?と聞こえてきそうです。 その結論に至る理由を述べます。 ランド円売りの理由 理由は、下記2つです。 主要国通貨に比べて流通量が圧倒的に少なく リスクオフの際にはより売られやすい 逆に言えば、日本円のように、比較的信用が高く買われるってことは、可能性が限りなく低いです。 しかもリスクオフの際は、予想が難しいくらい、一気に下がります。 多くの人は、この暴落に耐え切れず損切りをしてるケースが見受けられます。 南アフリカ経済 ここで南 ...

no image

2018/1/7

FXに儲かる投資術は存在するのか?

スポンサーリンク 私は、FXで儲ける投資があるというのは、嘘だと思っています。 なぜなら、様々な情報が1つの通貨にまとまり過ぎていて、予想が難しいからです。 例えば、明日、富士山が噴火するか、予想できる人がいたとしましょう。 実際噴火すれば、通貨が上下します。ですが、そんなこと予想できる人いませんよね。 しかも、予め織り込み済みの金融政策では、あまり値動きしません。 また、取引通貨量も、年々増加し、一昔前のデータもあまり役に立ちません。 よく通貨は10年単位で動くなんて言う人がいますが、だったら、今は11 ...

2017/11/9

NISAの非課税期間が過ぎた場合と注意点

NISAについての説明は巷で溢れかえっていますので、ここでは敢えて詳細に説明しませんが、 代わりにNISAの非課税期間が過ぎた場合と注意点を述べようと思います。 NISAの非課税期間が過ぎた場合と注意点 NISAの非課税期間が過ぎた場合は、強制的に特定/一般口座に移されます。 ただご心配なく、それまでの基準となる取得価格は、NISA口座から課税口座へ移管した時点の株価となります。 ということは、NISA保有期間中の含み益は、特に作業することなく、そのまま非課税ですってことです。 ただし、1つ注意点ですが、 ...

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.