最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

サッカー 清水エスパルス

王国清水がまさに復活の時を迎えた 18/03/04 神戸戦

更新日:

画像引用元:清水エスパルス公式サイトより https://www.s-pulse.co.jp/games/result/2018030304/

今シーズンを占う上で2試合目に複数得点が生まれるかが重要だと思っていた。

3得点取れれば、このチームは上位に食い込めると踏んでいたが、期待以上の4得点は称賛ものだ。

特にDF立田は、2年目ながら大物の片鱗を見せた。

王国がまさに復活の時を迎えたことを確信した。

スポンサーリンク

今シーズンのACL圏内は夢ではない

ネームバリューだけで清水を降格候補にあげるサッカーライターや解説者には呆れてしまうが、今季の清水はそんな予想を見事に裏切るだろう。

色んな条件が、良い方向に揃いつつあるようだ。

立田の台頭や石毛の復帰、フアンソッコとフレイレの守備力、クリスランのフィットなど、懸念されていたポジションが逆に強みに変化しつつある。

それを考えると、去年残留したことは本当に大きい意味をもったかもしれない。

チョンテセには清水栄誉賞を検討してもいいのではないか。。。

後2試合、特にホーム試合での戦い方を見てみたいが、開幕からの戦いぶりを見てると、少なくとも大崩れはしない。

また、立田は持っているんじゃなくて、彼のシュートを打つという積極的な姿勢がゴールを生んだ。

敵も味方も足が止まってしまった瞬間に、シュートを打つという選択肢を選んだ、潔さ・・・褒めるしかないでしょう!

それより凄いのは、敵のサイドチェンジに頭で勝った上で、味方へ繋げられる能力の高さは凄い。

たったリーグ2試合目にして、これだけの能力を魅せるのだから、今後の成長は楽しみだ。

竹内が選択した遅攻が今後は鍵になる

画像引用元:清水エスパルス公式サイトより https://www.s-pulse.co.jp/games/result/2018030304/

前半ボールを保持した際に、チームの司令塔である竹内が、自陣でボールを回す選択を取ったことは大きな変化点だ。

特に去年のホームゲームでは、前へ前への意識が強すぎて、3,4タッチでボールをサイドに回し、必ず攻めあがる選択を取っていた。

確かに自陣でボールを奪われるリスクを考えれば、ボールを前に運んだ方が良いのだが、そればかり選択すると、自ずとスプリント回数は増えて体力の消耗は顕著になる。

自分達の時間帯を長くするためにも、攻め急ぎ過ぎないことも時には重要だ。

遅攻を織り交ぜることによって、味方はリズムを整え、相手はストレスが溜まるため、より決定率の高い攻撃に備えられることも忘れてはいけない。

ホームゲームで分が悪い理由

去年、ホームゲームで分が悪くアウェーで良かったのは、ある意味そこに解がある。

清水にとってアウェー、相手にとってホームである場合、やはり相手に勢いがあり、ボールはある程度もたれる。

逆にそんな時の方が、ある意味守備的意識が働いて、前に出過ぎない。

そのため体力が後半にも残っているケースが多く、カウンターからチャンスを伺えたのだ。

しかし、ホームゲームになると、自分達に勢いがあるので、すぐに攻め上がってしまうことが問題だった。

1回ボールを回すという選択肢は少なく、すぐサイドに回して駆け上がるので前半だけで体力の多くを持っていかれた。

どんなチームもずっと攻め続けることはできないので、相手の時間帯に耐えられるスタミナコントロールは必須だ。

出足も良い、球際も強い、セカンドも拾える、総じて体が動けてしまう時に、どれだけ自制できるか、それはチームの司令塔である竹内や河合に掛かっている。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
↑↑↑1日1度どちらかクリックお願いします

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

歯に衣着せぬ発言で有名な”芸能界の女帝”こと上沼恵美子さんが、自身の番組『快傑 えみちゃんねる』にて、某タレントKを痛烈に批判しました。 番組では伏字が入っていましたが、共演者の反応を見ると、実録では ...

3

AKS社長である吉成夏子氏は、NGT48メンバーに対して”山口真帆暴行事件の事を気にするなら辞めろ”と発言したことが話題になっています。 他にも山口真帆さん本人は、吉成夏子氏から『お前は加害者だ』とは ...

4

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

5

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-サッカー, 清水エスパルス
-,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.