最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

強敵仙台にもブレない粘りがあった 18'3/18 仙台戦

投稿日:

仙台を最初に倒すチームが、今季の優勝候補筆頭かもしれない。

それぐらいの勢いをもって仙台は日本平に来た印象だ。

ホームでの戦い方が今後を占う意味で非常に重要だと思ったが、やはり清水はブレない粘りがあったと思う。

前はともかく、後ろは固かった。

ただ、今節に限った試合内容で言えば仙台に分があった。

それでも引き分けなのだから、結果は悪くない。

今季の清水もまた、安定した強さを身に付けたといっていいだろう。

スポンサーリンク

仙台の驚異的なポゼッション

敵地に乗り込んで、清水相手にあれだけボールを保持し、且つ最後まで落ちないのだから、恐らく仙台も今季上位に食い込むチームなのは間違いない。

もし、そんな仙台を倒せるチームが表れるのであれば、優勝チームはそこだろう。

ホームでの清水は、常にアグレッシブな状態なのに、似たようなボールテンポで、勢いをいなされていた。そんなチームは多くない。

清水に関しては、ボールを持たせているのか、持たされているのか分からない展開だったが、1点で抑えたのは六反、フアンソッコ、フレイレの能力の高さが光ったからだろう。

もう1枚、高さのあるFWにポストプレーをさせられたら、負けていたかもしれない。

仙台はそれだけ強いチームだったので、引き分けは妥当以上の結果だ。

若い力が成熟しつつある

北川ばかり注目されたが、体力、走力、得点力という万能たる能力を発揮した意味では、金子が最もブレークしそうだ。

3月の月間MVPも獲るかもしれない。

松原、立田、石毛、北川、竹内、河井そして金子。

キラ星のごとく、若く有能な選手が開花するシーズンになるだろう。

このようなチームは間違いなく強くなる。

若く勢いがあって、体力もある。そして何よりハングリーさが違う。

そして他選手にも良い相乗効果をもたらす。

勿論、白崎、水谷、六平も忘れてはいない。

彼らも、自ずと引っ張られ、引っ張る存在になっていくのだ。

そして、一番私がアクセントとして注目しているのは兵働だ。

若いチームに欠けているものといえば、やはりチームへの献身的な姿勢、プライド、清水はこうあるべきという姿そのもの。

今季の戦力としては限定的かもしれないが、それでも若い選手へ、自らの経験を伝える影響は計り知れない。

それは、選手のメンタルを形成する上で、最も重要な部分であり、苦しい時の支えになる。

勢いをただの勢いで終わらせないためには、こうしたベテラン選手も必要なのだ。

サッカーのシーズン予想が難しい理由

別に解説陣を擁護するわけではないが、サッカーのシーズン予想が難しいのは、選手の新陳代謝が激しいからだ。

サッカーは体力の消耗が激しく且つ、11人揃ったチーム戦である。

どんなチームも、毎年新陳代謝を促さなければ、生き残っていけない。

昨年上位に食い込んだチームが、今年は苦しむことは多々あることだろう。

理由は体力の衰えだったり、マンネリ化だったり、怪我だったり、戦術浸透不足だったり様々だ。

サッカーのチーム運営で重要なのは、いち早く消耗の激しい選手の代えを見つけるか、もしくは育成の年と勝負の年を分けるという割り切りだ。

それでも、良い選手がいても移籍金が高くて補強できなかったり、有望な選手を育てても怪我をしたりなど上手くいかないシーズンがほとんど。

そんな中で、戦術、能力、怪我無しなど、ある意味全て揃ったチームは、運が良いとも言える。

シーズン前の予想段階で、そんなラッキーなチームを探せと言う方が、無理があるかもしれない。

まぁ、元選手は別として、サッカーライターのような専門職には、その辺まで見抜いて欲しいが。

まとめ

ここまで4試合見てきて、清水は、適格補強、能力開花、戦術浸透が上手く揃いつつあると見ていいだろう。

それは同時に上位進出への条件が揃ったともいえる。

後は夏場にかけての補強と、DF陣の怪我が無いことを祈るばかりだ。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
↑↑↑1日1度どちらかクリックお願いします

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

歯に衣着せぬ発言で有名な”芸能界の女帝”こと上沼恵美子さんが、自身の番組『快傑 えみちゃんねる』にて、某タレントKを痛烈に批判しました。 番組では伏字が入っていましたが、共演者の反応を見ると、実録では ...

3

AKS社長である吉成夏子氏は、NGT48メンバーに対して”山口真帆暴行事件の事を気にするなら辞めろ”と発言したことが話題になっています。 他にも山口真帆さん本人は、吉成夏子氏から『お前は加害者だ』とは ...

4

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

5

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-清水エスパルス
-,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.