最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

トレンド 芸能

ドキュメンタルは何が面白いのか?Amazon Prime独占配信!!

更新日:

Amazon Primeビデオの中で、特に人気が高い番組は、松本人志プロデュースのお笑い番組、『ドキュメンタル』シリーズです。

この『ドキュメンタル』は、シリーズを通して、ずっと高い評価を得続けて言います。

はっきり言って、目が肥えた視聴者を笑わせ続けるっていうのは相当なことです。

一体何がそんなに面白いのか?その秘訣は何なのか?

実際に番組を見て検証してみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


論より証拠、厳選されたシーンを見よ

まずは、論より証拠です。過去の厳選されたシーンを見てみましょう。

 

 

ドキュメンタルとは?

選抜されたお笑い芸人10人が集まり、密室の中で6時間、最後まで笑わなかった者が勝者という、

正に真剣勝負のドキュメンタリーと笑わないメンタルを合わせた、お笑い番組。

ルールとしては、洋風の密室に10人の芸人が集まり、相手を笑わせたら『勝ち』自分が笑ったら『負け』というバトルロワイアル方式です。

勿論、シナリオなんてありません。本気で体を張った、全力で笑いを取りにいく芸人がそこにいます。

わずかでも笑った芸人は、プロデューサーである松本人志から容赦無くイエローカードが突きつけられます。

それがオレンジカード→レッドカードと続き、レッドまでいったら脱落です。

参加する芸人は、自腹で100万円を持ってくるのですが、脱落と共に没収されます(笑

そして、最後まで残った優勝者に賞金1000万円が手渡されるという、勝ち抜け総どり方式です。

「笑ってはいけない」と違うポイント

年末の「笑ってはいけない」に似てる番組と思う方もいるかもしれません。

しかし、明確に違うポイントがあります。

  • 仕掛けや10人以外のゲストはいない
  • 芸人同士が笑わせ合うという真剣勝負

松本人志自身も「笑ってはいけないは良くも悪くもショーになってしまっている」為、ドキュメンタルでガチバトルを企画したと語っていました。

過去に出演した芸人

過去出演した芸人は、実力者がばかり。それが笑いの為に、真剣勝負してくるのですから、見ているこっちは笑わずにいられません。

【過去出演芸人】

  • ジミー大西
  • 宮川大輔
  • FUJIWARA 藤本敏史
  • ダイノジ 大地洋輔
  • 野性爆弾 くっきー
  • とろサーモン 久保田和靖
  • 東京ダイナマイト ハチミツ二郎
  • 天竺鼠 川原克己
  • トレンディエンジェル 斎藤司
  • マテンロウ アントニー

ドキュメンタルの特徴

結論から言うと、私は全体的に見て楽しめました。

何がそれ程面白かったのか?特徴だけ掻い摘んでお知らせします。

カットが少ない

冒頭のシーンを見てもらえば、少し理解して頂けると思いますが、リアルな臨場感を出す為に、カットは極力少ないです。

笑うまでの間合い、顔の表情、全てが見ている人にとっても、思わず笑ってしまう要素となっています。

面白くない人にとっては、とても長い時間に感じられますが、思わず笑ってしまうシーンというのは、そういう部分含めて伏線があるから面白いのだと思います。

現に私は、特に間が長いとは感じませんでした。

良く言えば、こういう間があるからこそ、このドキュメンタルは人気が出たのではないかと思うくらいです。

下ネタが多い

芸人同士で真剣に笑わせようとしているからか、どうしても下ネタに走る傾向が見られます。

下ネタを直接言うわけではないんですが、ただ脱ぐ人が多いです。

下ネタが嫌いな方は注意してください。

動画の冒頭にある「刺激的なシーンがあります」というのはこのことです。

ただ、全部が全部下ネタでは勿論ありません。ちゃんと純粋なネタで笑わせる、笑ってしまうシーンも沢山あります。

下ネタが嫌いだからといって、毛嫌いしてしまうのは勿体無いと思います。

でなければ、ここまで人気が出ることも無かったでしょう。

松本人志につられる

プロデューサーの松本人志は、容赦なく大笑いしています。

参加者には勿論聞こえていませんが、視聴者で視ている我々には聞こえるような設定です。

なので、視聴者でも挑戦しようという人がいれば、注意が必要です。

何気なく見ていると、つられて笑ってしまいます。

ドキュメンタルシーズン5は新ルール採用!

ドキュメンタルシーズン5からは、新ルールが採用されました。

れは、今までのポイント制やゾンビルールはそのままに、新たなルールとして”ひとり助っ人”を呼べるようになったことです。

そして気になる参加メンバーは・・・

  • ジミー大西
  • 千原ジュニア
  • ケンドーコバヤシ
  • 陣内智則
  • たむらけんじ
  • ハリウッドザコシショウ
  • サバンナ高橋
  • ロバート秋山
  • 狩野英孝
  • かまいたち山内

以上の10人です。初参加で気になるのは千原ジュニアですね。

過去、大喜利で魅せてくれたキレ味鋭い笑いを、ドキュメンタルでも魅せてくれるはず!

他にもサバンナ高橋、ロバート秋山、ケンコバなど実力芸人が揃っています。

いやぁ、新たなメンバー、新たなルールで今回もどんな笑いを届けてくれるのか、本当に気になります!

ドキュメンタル5 口コミ評価

最新作であるドキュメンタル5について口コミものぞいてみよう。

今回は間違いなくシーズン最高峰。要因は、出演者全員が、笑うリスクを恐れず、面白い方向に出演者が舵を切り続けている事にある
とりあえず下ネタ→裸になるパターンは無くて良かった
昼食中に見るのは危険。吹き出しそうになる
選ばれた芸人が本当に優秀な方ばかりで今までで一番笑いました
色々良い物が見れました。ありがとうドキュメンタル 次回&新企画も期待しております。これ見れるだけでアマゾンプレミアム入る価値あるんじゃないだろうか
ケンコバの「なんか・・・普通に楽しかったなぁ」ってコメントに胸が温かくなりました。

口コミからも、本当に面白いんだなと思わせるようなコメントが多い。

そして個人的には、ドキュメンタル5は今までのような下ネタありきではない所も、評価したい。

ネタで勝負するという本気度が増しているからこそ、本作は真剣にお勧めできる。

管理人
見る目が肥えた視聴者から、こんなに称賛される番組って数少ないかもね
それだけ面白かったことかしら。とりあえず見る価値はありそうね
ステ子

視聴するには

ドキュメンタルは、amazon独占配信の番組です。

しかし、初めてamazonプライムを利用する人は1ヵ月間無料で視聴できますので、タダで見ることができます。

初めてではない方も、料金は1か月400円ですので、とてもリーズナブルだと思います。

地上波では見ることのできない、本気で笑えるシーンが詰まっていますので、是非この機会にご視聴下さい!

Amazonプライム・ビデオを無料で視聴する!!

 

 

↓↓↓ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします
にほんブログ村 芸能ブログへ

今、注目されてる記事

1

今や新人俳優として飛ぶ鳥を落とす勢いの岡田健史(本名:水上恒司)さん。 実は、俳優としてだけでなく、硬式野球の実力も半端なかったんです。 今回は、彼が創成館硬式野球部で残した実績を振り返っていきたいと ...

2

ふるさと納税を行うに当たり、まず限度額から知らなければいけません。 しかし巷で有名なシミュレーターは、あくまでも前年度の所得から、今年度の住民税を予測した目安です。 前年度から所得が大きく減ったりすれ ...

3

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

4

皆さん、Amazonプライム無料体験はご存知ですよね? しかも1度無料体験を経験しても、一定期間経てば再度無料体験に申し込みできることは知っていますか? そう、一定期間さえおけば、何度でもAmazon ...

5

あの、2018年なりたい顔ランキング1位の乃木坂46の白石麻衣さんに衝撃のニュースが走った。 なんと、"太った"だの、"夜遊び"のせいだの、"ほうれい線"が目立つなど、顔に関して散々な『劣化』認定を喰 ...

-トレンド, 芸能
-, ,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.