最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

サッカー 清水エスパルス

自らの存在価値を再び示した大前元紀 万感のJ2得点王

更新日:

2018年J2リーグの全日程が終了し、J2得点王には大宮アルディージャの大前元紀が輝いた。

大前といえば、2016年オフに清水エスパルスから大宮アルディージャに移籍し、チームの新たな得点源として期待されたのだが、個人2得点、チームもJ2降格と、戦犯の烙印を押された選手だ。

だが、彼は今、自らの存在価値を示すように、大宮で色褪せない勲章を手にして見せた。

昨年、不調に見舞われた大物助っ人は、今シーズン何故復活できたのか?

大前元紀のどん底から這い上がってきた軌跡を追っていく。

(下に続く)

スポンサーリンク

スポンサーリンク


活躍できなかった理由

大前には誤算があった。経験したことのない移籍、違う環境、選手、監督誰もが変わってしまった環境で、自分を理解してくれる周囲が必ずしもいてくれるわけではない。自ら、周囲へ働きかける"0"からのスタートがこんなにも遠いのかと。

  • 周囲との連係不足
  • ポジションの不定
  • 出場時間の短さ

主に活躍できなかった理由は3つある。

当然、周囲との連係は"0"からだし、監督の理解も乏しい。戦術に強引に当てはめる為に移籍1年目は、ポジションを流動的に移動させられた。ある監督はサイド、別の監督はトップ下、求めたCFに固定されることは無かった。

 

チームメイトも大前の動きだしを理解してくれるわけではない。大前自体は、常にスペースに顔を出して、相手の虚を付く攻撃スタイルなのに、足元ばかりのパスでは遅いし、そもそも出してくれる回数も少ない上に、思ったところに来ない。

大前も何とかしようと、1人スペースに顔を出すタダ走り状態。相手の脅威になるどころか、まるで放置プレイ。孤立といった言葉が良く似合う状態。

これでは、大前という存在の為に、チームの攻撃は停滞してしまっているのも同然だった。

 

そんな中ゴールなんて生まれるわけも無く、その間に監督の信頼も失っていった。

 

分かり易く言うと、

周囲との連係不足監督信頼失墜試合出場減コンディション不良悪循環に陥った。

 

コンディション不良に陥って太ってしまった時の記事はコチラ

太ってしまった大前元紀の画像がヤバい!!

ファンならご存知の方も多いだろうが、元清水エスパルス、現大宮アルディージャの大前元紀選手の体型が話題になっている。 何でも現在の体型が、1年前に所属していた清水時代と比べて、大分太ってしまったと言われ ...

続きを見る

復活した要因

大きな要因は下記が挙げられる

  • 周囲の理解度向上
  • ポジションの固定
  • 出場時間確保

大きく言えば、活躍出来なかった理由を、1つ1つ潰していった結果だ。

何度も言うが、彼は1人で曲面を打開できる選手ではない。周囲を活かす視野の広さと、シュートやパス精度が主な武器だ。

 

やはり連携が重要だと考えた大前は、仲間とコミュニケーションを重ねてきた。これに関しては昨年からのアドバンテージがあり、周囲の理解が進んだと言える。

特に茨田陽生は、大前の欲しいハーフスペースに感覚的にパスを出すようになった。

他に監督が石井監督に代わったことで、大前をCFに固定し続けたことも大きい。

大前にとって慣れ親しんだポジションは、よりゴールに近く、能力を活かせる場面も増えた。且つチームメイトにとっても、固定された分、出し易い。

当然、クロスやフリーキックなど、シュート精度の高い大前が務めることになり、ゴールやアシストチャンスも増える。実際、決定的な場面を何度も決めてきた。

最初は短かった出場時間も、徐々に監督や周囲の信頼も得てきて、フル出場が多くなった。

要するに、去年、悪循環に陥った状態の逆をいったことで、全てが良循環に回ったということだろう。

連携向上得点アシスト増加信頼回復出場時間確保

大前元紀の能力を最大限に活かすチーム状態に成ったし、大前もそうなるように周囲とのコミュニケーションを欠かさなかった。

清水が惜しんだ能力、必然の結果

大宮がここまで態勢を整えれば、大前の能力を持ってすれば得点を積み重ねるのは必然の結果だった。

誰よりも前所属の清水エスパルス関係者やファンは、その能力の高さを何処よりも買っていたチームだ。

ロンドン五輪世代の代表に選ばれなかった時も清水関係者は「七不思議の1つ」と表現し、13年ナビスコ杯決勝では相手鹿島のジョルジーニョ監督は「大前が清水の原動力」と最大限の警戒を払った。

今期の敵将であるJ2松本の反町監督には、「敵である大前がベンチに下がってくれて助かった」と言わしめた。

 

年月が経とうとも、彼は常にスペースに顔を出し、相手の脅威となり続ける。

 

一度彼がボールを持てば、精度の高いパスかシュートか、はたまたドリブルかが高い成功率で相手に襲い掛かる。相手DFにとっては、神経擦り減らす作業に、否応なく体力と集中力を奪われる。

かといって、ボールを奪おうと思えば、「重心の移動速度」が速いので、裏をかかれてしまう。

「重心の移動速度」というのは、初速からトップギアに入るまでのスピードが速いことを指している。この能力が高いということは、相手の出足の後に方向転換できるので、簡単にはボールを奪われない。

大前は、サッカーに必要な能力を、高いレベルでオールマイティにしてる選手だ。それは、清水の先輩である岡崎慎司や北川航也も万能さでは敵わない。

これだけの能力を見れば、誰だって、チームの得点力は上がるはずだと感じる。事実、大前は、自分の力を惜しみなく発揮し、得点王という結果で周囲を納得させて見せた。

奇しくも今、大前の才能は、代表関連者が評価することは無く、日の丸では見ることができてないが、もし早いうちに代表に選ばれていれば、日本サッカー界に大きく貢献しただろう。今でもそれは信じて疑わない。

存在が大きいからこそ、清水のヒール

前所属の清水エスパルスでは、大前の話になると煙たがる人が多い。

しかし、私から見れば、清水の中において、ここまでヒールになる選手も珍しい。

 

確かに清水に移籍金が発生しない移籍が2度あった。しかし、育てた清水も大前に依存していたのは事実

買い取ってでも清水の宝。岡崎の二の舞は御免。

そんな気持ちが見え隠れした末、実際は、大前の気持ちをふらつかせた原因になってしまった。

 

やはり選手自身に自分の身の振り方を決めさせる、心を鬼にする対応も必要だったのだ。

結果、藤本淳吾然り、アレックス然り、大榎克己然りなのに、大前元紀だけここまでヒールになってしまった。

藤本に至っては、怪我で丸1年棒に振って清水に養ってもらってたのに、あっさり出て行った。それでも、今やそんな選手いたな状態。

当然移籍や解任の直後は、叩かれることはあるが、2年も経つのに、未だに憎まれ口を叩かれるのは大前ぐらいだ。

しかし逆に言えば、それだけ存在が大きかったことの裏返しではないのか?

最後に

大前は、1人で打開できる選手ではないので、やはり連携が鍵となるのは明白、だからこそ苦労したんだろうと思う。

海外でも移籍した大宮でも、「周囲に理解してもらいたい」そんな大前の悲痛な叫びが、まるでこちらにも届くようだった。

そして実際にJ2得点王という実績を得た今、正直ホッとした気分だ。

これほどの能力が、このまま埋もれるのは、寂しいという気持ちもあったので、大前の活躍は素直に喜ばしいのだ。

そして、ここまで苦労したのなら『もう離れるなよ』逆に言葉をかけたい。

是非、選手時代のピークは、「周囲に理解してもらった」大宮で、得点を積み重ねていってほしい。

大前元紀選手愛用のスパイクシューズはコチラ!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
↑↑↑1日1度どちらかクリックお願いします

今、注目されてる記事

1

今や新人俳優として飛ぶ鳥を落とす勢いの岡田健史(本名:水上恒司)さん。 実は、俳優としてだけでなく、硬式野球の実力も半端なかったんです。 今回は、彼が創成館硬式野球部で残した実績を振り返っていきたいと ...

2

ふるさと納税を行うに当たり、まず限度額から知らなければいけません。 しかし巷で有名なシミュレーターは、あくまでも前年度の所得から、今年度の住民税を予測した目安です。 前年度から所得が大きく減ったりすれ ...

3

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

4

皆さん、Amazonプライム無料体験はご存知ですよね? しかも1度無料体験を経験しても、一定期間経てば再度無料体験に申し込みできることは知っていますか? そう、一定期間さえおけば、何度でもAmazon ...

5

あの、2018年なりたい顔ランキング1位の乃木坂46の白石麻衣さんに衝撃のニュースが走った。 なんと、"太った"だの、"夜遊び"のせいだの、"ほうれい線"が目立つなど、顔に関して散々な『劣化』認定を喰 ...

-サッカー, 清水エスパルス
-, , ,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.