最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

戦い方の差が出た -2013年11月 大宮戦-

更新日:

清水のファンだけれども、今回は大宮目線で振り返ってみる。

試合後の大宮監督のコメントから

ゴールだけが足りなかった。

まぁ、そうともいうが、何とも言えないな。

この試合を通じて、大宮が勝てない理由の一つが分かった気がする。

まとめると、"前に出てこない"のではないか。

鈴木のヘッドや、ノヴァコ、チョヨンチョルのシュートがあったじゃないか、と言う人もいるかもしれない。

確かにどれも決まってもおかしくない。

が、それは別に後半に限った話じゃなくて、がっぷり四つに組んでる状態でも、あり得るチャンスではないか。

要は、後半負けている状況であれば、もっと前に攻撃人数をかけるべきの所を、個人の能力に頼っているところが今の大宮の現状ではないだろうか。

どれもシュートシーンを見ていると、チャンスといえど、必ずDFが傍に付いている。

慌てふためいて、後から入ったというシーンは無いし、相手のシュートコースを限定する守備になっている所を見ると、

大宮からすれば、チャンスを作ったように見えて、ゴールが遠い状況になっていると思う。

逆に清水陣営は、何時相手が前に出てくるかと、待っていたのに、何時まで経っても来ないから肩透かしをくらったような動きになった。

"来るはずなのに、来ないなぁ・・・"こんな気持ちか。

常にカウンターでサイドに飛び出ようとしていた高木も、あまりに来ないので、釘づけされてしまった形だ。

ボール奪取までは、バランスを取られるとこちらも"きつい"のだが、取られても前への圧力がないから、中盤の押し付け合いになってしまった。

(清水にとっては、それでも良いのだが・・)

大宮は、1点負けているのに、前に圧力をかけないで相手のカウンターを狙っているような落ち着きぶり。

良く言えば、バランスを保っている。悪く言えば、攻めてこないという状況。

しかし、1点リードしている状況で、清水から仕掛ける理由はないし、相手の出方を伺うのは当然のこと。

選手一人一人の状況判断、もしくは戦術が間違っている。

勝ちたいのであれば、人数をかけて前に出るか、個人能力に秀でた選手を投入するか、攻め方を変えるかの何れかだと思うが、特に目立った変更は無く、前半と似たりよったり。

シュートこそいくが、裏からの飛び出しがあるわけでもないので、常にこちらのDFが揃っている状況になってしまう。

途中交代の鈴木も、状況をガラっと変えれる選手かといえば、そうではなく、あくまでもフィニッシャー。良いボールが供給されなければ、彼の能力も活かせない。

大宮の戦力も、清水と大差ないが、今回は戦い方の差がでた、とみている。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
1日1回どちらかにクリックお願いします。

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

歯に衣着せぬ発言で有名な”芸能界の女帝”こと上沼恵美子さんが、自身の番組『快傑 えみちゃんねる』にて、某タレントKを痛烈に批判しました。 番組では伏字が入っていましたが、共演者の反応を見ると、実録では ...

3

AKS社長である吉成夏子氏は、NGT48メンバーに対して”山口真帆暴行事件の事を気にするなら辞めろ”と発言したことが話題になっています。 他にも山口真帆さん本人は、吉成夏子氏から『お前は加害者だ』とは ...

4

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

5

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-清水エスパルス
-

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.