最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

岩下の再来 -2014年3月横浜戦-

更新日:

チーム状態の差から、快勝するのではないかと予測した自分が恥ずかしくなるくらいの惨敗だった。

蓋を開けてみれば、横浜の方が動きだしも、パスも質が良かった。

70分までは。。。。

終盤は清水の時間帯

ただ、相手はあれだけアグレッシブに動いていたため、終盤は清水の時間帯に入った。

その証拠に、70分台に、横浜にイエローカード3枚出ている。

要は、相手の動きについていけなくなり、ラフプレーで止めにかかった証拠である。

ここまでは、ごく自然な流れである。

70~75分までは、いよいよ清水の時間帯に入っており、追いつくには十分な時間も残っていた。

たった一人のボランチが余計なカードをもらうまでは。

余計なカードが流れを止めた

なぜ、カードをもらわなくていい場面で、わざわざもら真似をするのか。

決定的なピンチでもない、人数も足りてる、流れもこっちに来ている。

なぜ、ボランチでありながら、キャプテンでありながら、それが分からないのか?

やってる選手は、大変だから焦っていれば分からないかもしれない。

ただ、杉山は、そこを冷静にコントロールする立場、ポジションである。

今日、言い訳をしていいとしたら吉田のボールを失った場面か。

確かにミスではあるが、ボールのバウンドも代わり、何より相手に背中を向けてしまった。

しかし、そんなミスで失点するシーンは、めずらしくない。

むしろ、今のチームは点を取ることに比重を置いてるため、ミスをカバーして余りある攻撃に視点を傾けなければいけない。

なのに、である。

個人のミスをチーム全体でカバーし合わなければいけない状況で、一人先導すべき人間が浮いてしまった。

これもミスではあるが、試合を決定付ける致命的なミスである。

いわゆる戦犯と言われてもおかしくない。

監督のメッセージがはっきりしているキャプテン

特別なセンスを持ち合わせたわけではないのに、キャプテンを任せられている。

ということは、監督のメッセージがはっきりしている立場の選手であることも明白である。

そんな選手が、犯してはいけないミスを犯した。

このキャプテンは、キャプテンシーを持たないキャプテンであるこを証明したような試合になった。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
1日1回何れかにクリックお願いします。

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

歯に衣着せぬ発言で有名な”芸能界の女帝”こと上沼恵美子さんが、自身の番組『快傑 えみちゃんねる』にて、某タレントKを痛烈に批判しました。 番組では伏字が入っていましたが、共演者の反応を見ると、実録では ...

3

AKS社長である吉成夏子氏は、NGT48メンバーに対して”山口真帆暴行事件の事を気にするなら辞めろ”と発言したことが話題になっています。 他にも山口真帆さん本人は、吉成夏子氏から『お前は加害者だ』とは ...

4

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

5

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-清水エスパルス

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.