最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

先制点取って、ゴールへの執着心が失せたようだ。-2014年 浦和戦-

更新日:

浦和戦は、何だかんだ言って、観客の影響は両者に等しく、試合結果に大きく影響したとは思わない。

試合内容だけ見ると、引き分けは妥当な結果だと思う。

浦和の方が、シュートは倍だったが、決定機の数は同じくらいだった。

後半は押し込まれたが、前半は清水ペースだったし、浦和の1点目は厳密に言えば、確実にファールだ。

逃げ切るやり方が上手い清水にとっては、1-0に持ち込みやすい展開だっただけに、主審のファール見逃しは、無情にも思えた。

ただ、吉田のエリア内でのラフプレーも、PKの可能性もあったので、やはりイーブンか。

下記に各選手の批評を述べてみる。

スポンサーリンク

『長沢』

ナビスコカップでは、5回あったチャンスを1回しかものに出来なかった長沢。

浦和戦では、見事に先制点も、その後は存在感が消えてしまったよう。

長沢がもう1点取っていたら、チームは勝っていた。

長沢がもう1点取れなかったから、チームは引き分けに終わった。

決めるところで決めるという責任があることを、常に意識してほしい。

逆境ばかりでは、勝利のメンタリティーは養えない。

『吉田』

ナビスコカップでの吉田のDFはさすがだと思ったら、浦和戦では、味方陣地で相手へのパスだったり、PKすれすれのプレーだったり冷や冷やした。

2点目を逃したシーンでは、自分がヒーローになるんだともっと強く思っていい。

DFは脇役じゃないんだぞ。

『イ・キジェ』

イ・キジェは、ほとんどプレー時間が与えられてないが、ナビスコでは良い持ち上げや、精度の高そうなクロスが見られた。

これは、武器になると思ったら、次節の浦和戦では早速ベンチ入りしていた。

『六平』

彼にはもっと高いレベルを求めてよいと思う。

はっきり言って、潰すぐらい高いレベルを要求すべきだ。

押し込めば押し込むほど、スポンジのように大きく膨らむだろう。

俗に言う、センスがある。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
1日1回何れかにクリックお願いします。

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

歯に衣着せぬ発言で有名な”芸能界の女帝”こと上沼恵美子さんが、自身の番組『快傑 えみちゃんねる』にて、某タレントKを痛烈に批判しました。 番組では伏字が入っていましたが、共演者の反応を見ると、実録では ...

3

AKS社長である吉成夏子氏は、NGT48メンバーに対して”山口真帆暴行事件の事を気にするなら辞めろ”と発言したことが話題になっています。 他にも山口真帆さん本人は、吉成夏子氏から『お前は加害者だ』とは ...

4

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

5

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-清水エスパルス

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.