最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

先制点取って、ゴールへの執着心が失せたようだ。-2014年 浦和戦-

更新日:

浦和戦は、何だかんだ言って、観客の影響は両者に等しく、試合結果に大きく影響したとは思わない。

試合内容だけ見ると、引き分けは妥当な結果だと思う。

浦和の方が、シュートは倍だったが、決定機の数は同じくらいだった。

後半は押し込まれたが、前半は清水ペースだったし、浦和の1点目は厳密に言えば、確実にファールだ。

逃げ切るやり方が上手い清水にとっては、1-0に持ち込みやすい展開だっただけに、主審のファール見逃しは、無情にも思えた。

ただ、吉田のエリア内でのラフプレーも、PKの可能性もあったので、やはりイーブンか。

下記に各選手の批評を述べてみる。

スポンサーリンク

『長沢』

ナビスコカップでは、5回あったチャンスを1回しかものに出来なかった長沢。

浦和戦では、見事に先制点も、その後は存在感が消えてしまったよう。

長沢がもう1点取っていたら、チームは勝っていた。

長沢がもう1点取れなかったから、チームは引き分けに終わった。

決めるところで決めるという責任があることを、常に意識してほしい。

逆境ばかりでは、勝利のメンタリティーは養えない。

『吉田』

ナビスコカップでの吉田のDFはさすがだと思ったら、浦和戦では、味方陣地で相手へのパスだったり、PKすれすれのプレーだったり冷や冷やした。

2点目を逃したシーンでは、自分がヒーローになるんだともっと強く思っていい。

DFは脇役じゃないんだぞ。

『イ・キジェ』

イ・キジェは、ほとんどプレー時間が与えられてないが、ナビスコでは良い持ち上げや、精度の高そうなクロスが見られた。

これは、武器になると思ったら、次節の浦和戦では早速ベンチ入りしていた。

『六平』

彼にはもっと高いレベルを求めてよいと思う。

はっきり言って、潰すぐらい高いレベルを要求すべきだ。

押し込めば押し込むほど、スポンジのように大きく膨らむだろう。

俗に言う、センスがある。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
1日1回何れかにクリックお願いします。

今、注目されてる記事

1

今や新人俳優として飛ぶ鳥を落とす勢いの岡田健史(本名:水上恒司)さん。 実は、俳優としてだけでなく、硬式野球の実力も半端なかったんです。 今回は、彼が創成館硬式野球部で残した実績を振り返っていきたいと ...

2

ふるさと納税を行うに当たり、まず限度額から知らなければいけません。 しかし巷で有名なシミュレーターは、あくまでも前年度の所得から、今年度の住民税を予測した目安です。 前年度から所得が大きく減ったりすれ ...

3

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

4

皆さん、Amazonプライム無料体験はご存知ですよね? しかも1度無料体験を経験しても、一定期間経てば再度無料体験に申し込みできることは知っていますか? そう、一定期間さえおけば、何度でもAmazon ...

5

あの、2018年なりたい顔ランキング1位の乃木坂46の白石麻衣さんに衝撃のニュースが走った。 なんと、"太った"だの、"夜遊び"のせいだの、"ほうれい線"が目立つなど、顔に関して散々な『劣化』認定を喰 ...

-清水エスパルス

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.