最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

F1

F1 ライコネンは何故人気があるのか?

更新日:

写真=F1-Gate.com

2016年、F1ドライバーの中で最も人気あるドライバーに選ばれた、キミ・ライコネン。

優勝回数など、ハミルトンやベッテルに後れを取っているにも関わらず、彼が一番人気なのは何故だろうか?

そんな疑問に、個人的見解を述べてみたい。

スポンサーリンク

ライコネンのドライビング特徴

まず、ファンを引き付ける最大の特徴は、ドライビングの特徴にあると言える。

ライコネンのドライビングの特徴は、競馬に例えると後方追い抜き型だ。

後方から、最速ラップを叩き出しつつ、トップを追い抜かすという、ファンからすれば、一番ドキドキワクワクし易い展開なのだ。

しかも、速い。決勝レース中の最速ラップである”ファステストラップ”の回数は歴代2位の43回を誇る。※2016年時点

競馬で言うと、ディープインパクトの様だ。

私は競馬に詳しくないが、ディープインパクトの後方から一気に、トップを奪い取る走りには、圧巻させられた。

今でも、たまに動画を見るくらいだ。それくらい後方追い抜き型は、人を引き付ける要素があると言えるだろう。

そんな人を引き付けるF1型ディープインパクトが、ライコネンなのだ。

ライコネンの人間性や性格

ライコネンの人間性は、『アイスマン』と呼ばれるくらい、無表情で愛想が無い。

ただ、性格が冷たいかと言うと、そうではない。ちゃんとファンサービスはするし、観客の声援にも手を振って応える。

ただただ、不愛想なんだ。ライバルとの比較や毎年のように浴びせらる移籍に関する質問も、まったく興味がない素振りを見せる。

「その質問にはまったく興味がないよ」「勝手に想像してくれ」などと、まさに記者泣かせのドライバーともいえる。

ただ、それが彼の性格で、まったくブレることが無いし、チームメイトへのライバル心を剥き出しにすることもない

常に"俺は俺だ"という一匹狼的な性格なのだ。

このご時世にそんな性格を突き通すのは、簡単ではないと思うが、でもそれがライコネンなのだ。

個人的な見解だが、そんな性格の一面に憧れて、彼のファンになる人も少なくないように思える。

近年は中々勝てない理由

近年、中々勝てない理由は、肉体的衰えだと思う。

マシンの性能もメルセデスに後れを取っている面もあるが、チームメイトであるベッテルにも大きくポイントを離されている。

それ以前のチームメイトだったアロンソには、1年を通して一度もポイントで上回ったことは無かった。

確かに、現在も切れ味鋭いドライビングと、繊細な感触は健在だが、瞬発力や一瞬の判断には衰えが隠せない気がする。

もはやポールポジションや優勝を飾ることは、ここ数年めっきり少なくなってしまった。

今年2017年のイギリスGPでも、予選2位と奮闘したが、最後は勿体無いミスでポールを逃してしまった。

ライコネン自身、「ミス無くレースをまとめるのは難しい」と強がっていたけど、ベッテルやハミルトンがポールを取る時は、必ずまとめてくる。

それがチャンピオンの資格であり、強さでもあるんだけど、逆を言えば、もうライコネンにはその強さが無いというか、集中力の維持が難しくなってるんじゃないか。

2018年への期待

肉体的衰えは、ファンにとっては悲しい現実だけど、2017年には幾つか光明があった。

1つは、ライコネンが苦手としているモナコGPでポールポジションを取ったことだ。

ポール自体、2008年フランスGP以来なのだから、非常に驚いたと同時に、未だ実力が健在であることをアピールした。

元々予選ではなく、決勝で実力を見せるタイプだっただけに、よほどマシンと自身の相性がマッチしたんだろう。

加えて、ファステストラップも2回叩き出した。

2016年には1回だけだったにも関わらず、年齢を重ねても最速ラップを叩き出す所が凄い。

フェラーリのマシンは、確実にメルセデスに近づいている為、来年当りどこかで優勝しそうだ。

勝てるとしたら、どのレースか?

来年、ライコネンが勝てそうなレースと言ったら、フェラーリに有利なハイダウンフォースが要求されるサーキットだろうか

※フェラーリ有利=ハイダウンフォースが要求されるコース シンガポールGP,ハンガリーGPなど

まぁ、2018年車が2017年と同じようにハイダウンフォースが要求されるコースに強いとも言い切れないが、予想するのも楽しいじゃないか。

それか得意のベルギーGPのスパ・フランコルシャンか?ライコネンの母国、フィンランドと似たように美しい木々の間を通り抜けるコースは、優勝するには持って来いのコース。

2017年は、「今度こそ、勝ってくれよ、ライコネン!」と、信じていたが。。。

まさかのQ3でミス。。。おいおい、まんまとポールポジションを同僚に譲ってしまった。

走りをまとめれば、難なくポール確実だったのに。。。何でかな、ここぞって言う時に、ミスするな。。

決勝では抜きにくいんだから、勝負の半分以上はここで決まってしまった。

久しぶりの優勝が見られると思ったのに。。はぁ、、、また2018年に持ち越しか。。

と、ひどく落ち込んだ自分がいた。

まとめ

ライコネンは、2018年で39歳になる。

39歳のF1最高齢で、脂の乗り切ったハミルトンやベッテルに挑もうとしてること自体、凄いことかもしれない。

色々書いたが、ライコネンは肉体的衰えはあるが、最小限に留めている感じを受ける。

加えてマシンもメルセデスに追い付いてきてるので、2018年は期待していいと思う。

来年こそ、勝ってくれよ、ライコネン!!

叔父さんパワーを見せてくれ!!

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

歯に衣着せぬ発言で有名な”芸能界の女帝”こと上沼恵美子さんが、自身の番組『快傑 えみちゃんねる』にて、某タレントKを痛烈に批判しました。 番組では伏字が入っていましたが、共演者の反応を見ると、実録では ...

3

AKS社長である吉成夏子氏は、NGT48メンバーに対して”山口真帆暴行事件の事を気にするなら辞めろ”と発言したことが話題になっています。 他にも山口真帆さん本人は、吉成夏子氏から『お前は加害者だ』とは ...

4

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

5

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-F1
-,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.