最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

テニス

ナダルの薄毛(禿げ)進行具合がヤバい!植毛技術も及ばないのか?

投稿日:

2019年の男子全豪決勝でジョコビッチ選手とラファエルナダル選手が対戦しましたが、

そんな中、ナダル選手の意外な点に注目が集まっています。

その点とは、ズバリ、薄毛です。というか薄毛の進み具合です。

あぁ、もうここまで進んできたかっていうぐらいちょっと悲しい現実なので、ナダルの薄毛画像をまとめてみました。

(下に続く)

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ナダルの髪が・・・いよいよヤバい

2019年の全豪オープン見てたんですがナダルの髪がまた薄くなってきたという印象を受けました。

一体、どれくらい薄くなったかっていうと、上の画像を見てもらえれば。。。。分かってもらえると思う。。

※ちなみに上の画像はつい最近の2019年全豪決勝での画像です。

2016年に植毛して一時増やしたんですが、どうもまた最近薄くなったようで。。。

ちょっと私も試合を観ながら、髪の方が気になってしまいました。

昔と比べてみましょうか。。

昔はこんなにフサフサだったんです。

フサフサというか、10代から20代前半までは長髪だったんですよ。

それが今では、

うーん、やっぱりまた薄くなってる。。。

悲しいけど、ちょっと気になってしまう。

ここは日本の技術でしっかり直してあげたいところ。。

2016年には植毛手術を受ける

そんな薄毛にナダル自身も悩んでいたのか、2016年には、地元スペインで10時間以上の時間を掛けて植毛手術を受けている。

この時受けた手術は、毛根を頭皮に埋め込むもので、生える確率がとても高い手術だったそう。

金額は日本円で110万円相当だったが、まぁ何十億も稼いでるナダルからしてみれば、小遣い程度の出費w

んで、肝心の結果はどうだったかというと、確かに手術を受けた直後のナダルは、フサフサ感が戻っていた。

これは手術直後の2017年全仏の写真

おおー見事に髪が復活してるーーー

この時は、植毛の実力を実感した瞬間でした。

あくまでこの時は、でしたが・・・

親友のアンディマレーの薄毛いじり

同じテニス仲間であり、BIG4の1人であるアンディマレーですが、彼も実は薄毛に悩んでいるテニスプレイヤーです。

ツイッターでは、同じ薄毛仲間のナダルに対し、

「どちらが先に禿げるだろうね?」という自虐を込めたからかいも話題になってます。

ちなみにマレーも植毛に挑み、今では髪を復活させています。

実はマレーは、植毛技術をナダルより早く試しており、ナダルに勧めたぐらいです。

しかも、今でもマレーの場合は、フサフサのままです。

ナダルと何が違うんでしょうか?

テニスのプレースタイルが頭皮に影響するのでしょうか?(笑

たぶん、性質だとは思いますが、せっかく高いお金かけたのに、ナダルのようにまた薄毛になるのは勿体無いですね。。

まとめ

20代後半から薄毛が目立ち始めて、2016年に植毛手術を受けたナダル。

一時は髪が復活したかに思われたが、、、最近また薄毛が目立つようになってきた。

植毛技術も、激しいプロテニス界では、力が及ばないのか。。。

今度は、薄毛の技術が一歩進んでいる、わが国日本で手術を行ってもらいたいですね。。

髪がフサフサで格好良いナダルが、また見られるといいですね!

 

↓↓↓ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします
にほんブログ村 芸能ブログへ

関連記事

2019/1/26

テニス界最強の選手は誰だ?フェデラー・ナダル・ジョコビッチの偉業を比較

現代のテニス界には、フェデラー・ナダル・ジョコビッチと実力が飛び抜けた選手が3人存在する。 しかも3人とも、オープン化以降50年の歴史があるテニス界から見て、史上最強と言われる程の実績と安定した実力を持ち合わせている。 一体、この3人の中で"史上最強"に相応しいのは誰か? そんな永遠の議論に終止符を打つべく、明確な基準と数字から、"最強"の選手を選出してみた。 また、この時代がいかにテニス界にとって、スペクタルでファンタスティックな時代なのか、記録を辿りながら、3人の軌跡を追っていく。 最強を決める基準 ...

続きを読む

2019/1/26

ナダルが挑戦するダブルグランドスラムの夢 その偉業の凄さとは?

スポーツ界において、『連覇して本物』『2回勝って実力』という言葉はよく聞くだろう。 つまり1回勝つことは、運や流れ任せの部分も大きいが、2回勝つことは運だけでは達成できない。 2度勝つというのは、紛れもない実力が伴っていると始めて認められるということだ。 今年のテニス4大大会の1つ、2018年の全豪において、とてつもない偉業の2度達成に挑戦する選手がいる。 それはオープン化以降初の生涯グランドスラム2周(以下、ダブルグランドスラム)達成を狙うラファエル・ナダル、現世界ランキングNo1の選手だ。 そもそもダ ...

続きを読む

今、注目されてる記事

1

今や新人俳優として飛ぶ鳥を落とす勢いの岡田健史(本名:水上恒司)さん。 実は、俳優としてだけでなく、硬式野球の実力も半端なかったんです。 今回は、彼が創成館硬式野球部で残した実績を振り返っていきたいと ...

2

ふるさと納税を行うに当たり、まず限度額から知らなければいけません。 しかし巷で有名なシミュレーターは、あくまでも前年度の所得から、今年度の住民税を予測した目安です。 前年度から所得が大きく減ったりすれ ...

3

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

4

皆さん、Amazonプライム無料体験はご存知ですよね? しかも1度無料体験を経験しても、一定期間経てば再度無料体験に申し込みできることは知っていますか? そう、一定期間さえおけば、何度でもAmazon ...

5

あの、2018年なりたい顔ランキング1位の乃木坂46の白石麻衣さんに衝撃のニュースが走った。 なんと、"太った"だの、"夜遊び"のせいだの、"ほうれい線"が目立つなど、顔に関して散々な『劣化』認定を喰 ...

-テニス
-, , ,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.