最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

トレンド 芸能

松村匠AKS取締役は結婚してる?離婚した理由は?

投稿日:

今回は、山口真帆の暴行事件に深くかかわっているAKS運営責任者の松村匠取締役の結婚歴について調査していきます。

スポンサーリンク

松村匠取締役は結婚しているのか?

まず、疑問なのが松村匠取締役は結婚しているのか?っていう点です。

2019年3月22日の記者会見時には、中指に指輪は付けているものの、薬指には指輪は見られませんでした。

結婚指輪や婚約指輪を嫌がる男性も多いですが、松村氏は堂々と中指に指輪を付けていることから、もし結婚しているならば薬指に指輪を嵌めていてもおかしくありませんよね?

それが敢えて嵌めてないところ見ると、やはり今は婚姻関係が無いようです。

 

ちなみにこの時の記者会見では、ギラギラ光る中指の指輪が不謹慎だと、一部のネット民から批判の声が上がりました。。

松村匠取締役は元々結婚していたのか?

次に気になるのは、松村匠氏は、元々結婚してたんじゃないの?っていう話題です。

これについては、昔の元フジテレビ時代に、とんねるずのパロディTV『shangri-la』に出演した際、とんねるずの2人から

メモ

『松っちゃんは最近結婚したばかり』

『今後嫁さんのお父さんに会うそうです』

と、イジられていたことから、結婚していたのは事実だと思われます。

当時の動画は下記になります。

ということは、現在では離婚している可能性が高そうですね。

もし離婚しているならば、理由が気になりますね。。

松村匠取締役の離婚した理由は?

仮に離婚している場合ですが、その理由として考えられるのが、夫婦として夫を信じられなくなったことや、失望感などが挙げられますね。

何故なら、今回の山口真帆さんの暴行事件のように、山口さんと嘘の約束を取り付けあたかも事件の幕引きを図ったように、元夫人に対しても不誠実な応対を繰り返した可能性があります。

嘘とは言わないですが、何か上手く胡麻化そうと言った態度が見え隠れしていたんじゃないかなって思いますね。

まぁあくまで想像に過ぎないんですが。

 

そこから、夫人も呆れて離婚に至った可能性はあるかもしれません。

 

後は、元ADからの成り上がりで取締役まで就任したので、女性や高級車などへの執着心が凄かったのでは?という噂もあります。

こちらはあくまでも噂です。

ただ、山口さんの暴行事件を見ていると、何ら解決していなのに、穏便に済ませようとして逆に火種が広がっている所を見ると、どうやら取締役としての手腕に問題がありそうですね。

これが自身の私生活にも影響を及ぼしている可能性はありそうですね。

何て言うか、身から出た錆っていうい感じです。

松村匠AKS取締役のプロフィール

名前 松村 匠(まつむら たくみ)
生年月日 1962年11月9日(56歳)
出身地 大阪府大阪市西成区天下茶屋
職業 AKS取締役
出身大学 慶應義塾大学経済学部
経歴

フジテレビAD時代、とんねるずのADだった

その後、元フジテレビジョン事業局企画部長などを歴任→AKS取締役へ栄転

まとめ

家族関係については、新たな情報が入り次第追記していく予定です!

 

↓↓↓ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします
にほんブログ村 芸能ブログへ

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

歯に衣着せぬ発言で有名な”芸能界の女帝”こと上沼恵美子さんが、自身の番組『快傑 えみちゃんねる』にて、某タレントKを痛烈に批判しました。 番組では伏字が入っていましたが、共演者の反応を見ると、実録では ...

3

AKS社長である吉成夏子氏は、NGT48メンバーに対して”山口真帆暴行事件の事を気にするなら辞めろ”と発言したことが話題になっています。 他にも山口真帆さん本人は、吉成夏子氏から『お前は加害者だ』とは ...

4

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

5

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-トレンド, 芸能
-, ,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.