最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

クリスランは清水に合うのか? データで検証してみた

投稿日:

2018年の清水にクリスランが加入濃厚だ。

一体、クリスランが入った時、清水に何をもたらすのだろうか。

クリスランの特徴と清水、仙台のチームスタイルを比較してみた。

スポンサーリンク

クリスランの特徴

クリスランの特徴は、何といってもフィニッシャーだろう。

出場時間1009分足らずで8得点を挙げ、90分平均得点は0.71を記録するなど、出場時間で見ればリーグ上位の得点率を誇る。

ちなみに大前は、1336分の出場で2得点しか上げられなかった。

だが、CBPで見た場合は、特に秀でた数字は見られない。

強いて言えば、トリブルやシュートの値が高いが、試合を見た限り、チアゴ程左足の精度が高いわけではない。

他に目を見張るトラップからシュートのシーンもあるが、多くは楔が上手くできない場面が目立った。

単純に、チャンスが来た時に確実に決めてくれるFWと見るのが良いかもしれない。

チームスタイルから検証する

仙台と清水のチームスタイルから、クリスランにフィットするかどうか検証してみた。

まずは、仙台(左)と清水(右)のゴール内訳を見てみる。

2017年の得点パターンを見て決定的に違うのが、セットプレーやクロスからの得点割合が仙台4割程度に対して清水が6割程度と約2割も違うことが分かる。

これに対してクリスランの得点パターンは総得点13点のうち5点がクロスからの得点。

となれば、クロスの得点割合が仙台よりも多い清水では、よりチャンスが回ってくるかもしれない。

成長著しい松原がサイドにいるため、クロスの頻度はより多く、後は競り合って決めてくれと頼むには、うってつけの選手だ。

勿論、清水には鄭大世がいたため、割合が高いこともあるが、少なくとも代役には適していると言える。

後注目したいのは、こぼれ球からの得点だ。クリスランはこぼれ球への反応が早い。

去年の清水はこぼれ球をことごとく外してきた。一番美味しい場面なのに、決めきれなかったのである。

それが結果的に、勝ち点を拾えない原因でもあったので、クリスランの加入は大きい。

常にゴール狙っているという野性的でゴール前に陣取るというのは、美学からかけ離れているので、あまり評価されないが、一番コスパが良かったりする。

クラスランが入った時の率直な感想

お、おう。なるほど。いいんじゃないか。

チョンや北川とのエース対決に割って入ってくれる存在としては。

仙台で戦って、日本サッカーに慣れている点もプラスだし、何より爆発する可能性を秘めている。

誰かが怪我をしたとしても、得点能力が著しく落ちることは無いのが一番大きい。

加えて金子がいるし、彼もまだまだ成長途上、来季のFW陣は固まってきた。

他クラブのように大物を獲得してメディアを引き付ける補強をする必要はない。

金を使っても、保険があるわけでは無いので、適応、ケガ、計算が狂った時の損失がデカく、リスキーな策は経営上避けたい。

過去、大物を獲得して年収に見合った外国人FWがどれだけいるのか。。。それは高リスクだと判断せざるを得ないよね。

クリスランには、是非、他クラブが羨むような活躍を見せて欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
↑↑↑1日1度どちらかクリックお願いします

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

歯に衣着せぬ発言で有名な”芸能界の女帝”こと上沼恵美子さんが、自身の番組『快傑 えみちゃんねる』にて、某タレントKを痛烈に批判しました。 番組では伏字が入っていましたが、共演者の反応を見ると、実録では ...

3

AKS社長である吉成夏子氏は、NGT48メンバーに対して”山口真帆暴行事件の事を気にするなら辞めろ”と発言したことが話題になっています。 他にも山口真帆さん本人は、吉成夏子氏から『お前は加害者だ』とは ...

4

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

5

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-清水エスパルス
-,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.