最新トレンドを詳しく分かり易く、どこよりも早くお届けするブログ

やらまいか発信

仮想通貨

仮想通貨は大暴落の今が仕込み時!再び上昇傾向へ

更新日:

2018年1月から仮想通貨が大暴落したことにより、大半の仮想通貨の価値は、最高値を記録した去年12月から半減してしまった。

しかし、悲観することはない。

誰もが嘆くような状況の時にこそ、最も美味しい仕込み時なのだ。

今はまだ、投機的な意味合いが強いが、大事なのは”これから実用化が始まる"といったフロンティア部分が大きいことだ。

間違いなくメリットは存在し、世界共通通貨に向けて実現可能なポテンシャルを秘めている。

そして、その仮想通貨が何故今仕込み時なのか、理由を説明する。

スポンサーリンク

下降傾向から上昇傾向へ反転

※写真=BTCチャート週足(2017/9~2018/2)

最近のBTCチャートを週足で観察すると、何と下げ傾向から上げ傾向に反転してきた。

これは底値に近付いたことを示していると見ていい。

何故、週足が重宝されるかは、また別の機会に記載するが、一言で言えば、プロトレーダーの多くは週足を見て判断するため、大きなお金が動きやすいのだ。

逆に、これ以上下がることは、考えにくい。なぜなら、上澄み部分である流動的な通貨は既に売り払われ、残っているのは沈殿する不動票のようは、動かしにくい通貨の割合が大きいからだ。

もしくは長期保有を目的としたヘビーユーザー層と言った方が、分かり易いかもしれない。

これだけの大暴落に晒されても、価値が1年前の1BTC=10万まで戻ったりしない所を見ると、逆に仮想通貨のポテンシャルを見せつけている。

大事なのは通貨の種類

ただし、投資先の通貨種類は慎重に選択すべきだ。

仮想通貨の種類は約数千種類と多すぎる。

実用化に向けて、メリットが少ない通貨から確実に淘汰されていくだろう。

主要通貨として生き残るのは数種類程度だとも言われているので、自分が投資する通貨は、なるべく将来性のある通貨を選ぶことが重要になってくる。

指標になるのは、金融庁のホワイトリストに載っている通貨や基軸通貨と言われるビットコイン、後はセキュリティの高さや取引可能な販売所が多い、決済スピードが速いと言った実用面が重要視されるだろう。

これは今後、世界で実用化が進むにつれて、如実に表れてくるが、先んじて見極めることでリスクを最小限に留められるはずだ。

個人的には、ICOに必要となるZaif取引所発行のCOMSAトークンならば、需要は確実に見込めるためお勧めだ。

以下にCOMSAトークンについて丁寧に説明されたサイトを紹介しておくので、良かったら参照して欲しい。

既に暴騰した通貨に手を出すのは遅い

※写真はモナコインチャート週足(2017/9~2018/2)

逆にBTC,MONAなど、既に暴騰したコインに手を出すのはお勧めしない。

なぜなら今後も上昇したとしても、倍率は低いし、一旦不安が露見すれば、下落リスクも高くなるだろう。

忘れてはいけないのは、仮想通貨は未だ実用性がほぼ無い、"仮想"通貨であることだ。

通貨として価値があるならまだしも、今の価値は投機的な意味合いで暴騰を続けてきた結果だ。

僅かでも一般投資家の不安が広がれば、すぐに下落に転じるのは目に見えている。

それならば、今はほとんど目を付けられていない仮想通貨にフォーカスするのがローリスクでハイリターンになる。

少なくとも価値が底値に近いということは、目減りすることはない。投資するなら、まずは損しないよう、後ろを抑えることが最重要だ。

その中で、今後上昇が見込める仮想通貨を見出すことが、成功の鍵を握ることになる。

仮想通貨が美味しいのは、上昇市場であるからこそ

仮想通貨がおいしいところは、上昇市場であることが間違いないところだ。なので、今は人気が無くても、下がることは考えにくい。

ならば、今、まだ上がっていない通貨に投資する方が、少なくとも上昇率は期待できる上に、下がるリスクがめっぽう低 いという美味しいとこどりが出来るのだ。

逆に、一度暴騰と見た通貨(例えばビットコイン、モナコイン)などは、いくら上昇傾向が続くといっても、良くて数倍程度の見込みしかない上に、暴落するリスクだっておおきい。

期待感が先行し過ぎて、実用性が無いので、暴騰したら暴落という波が荒くなるのは、当然だ。

しかも数倍程度の見込みなら、仮想通貨に投資するうま味は薄れ、株や投資信託の方が、より確実で安心できる。

まとめ

仮想通貨は紛れもなく未曾有の暴騰市場あり、この流れを逃さない手はない。

その中で、今や一時期の下降トレンドが終了し、再び上昇トレンドの気配を見せ始めている。

少なくとも横ばいと見れば、今が仕込み時だろう。

そして、しっかりトレンドに乗るためには、選ぶ通貨やトークンの問題であり、ローリスクハイリターンが見込める所を見極めるべきだ。

金融庁のホワイトリストに載った実用性、安全性がお墨付きの通貨や、ICOトークンであるCOMSAなどがお勧めである。

逆に既に暴騰した通貨などは、旨味が薄くリスクが大きくなってしまった為、手を出すのは考え物だ。

何故なら、ビットコインなどは、既に1年前から10倍以上の値上がりを見せている為、流れにのったとしても他の通貨ほど上昇倍率が見込めない。

※数倍程度でも凄いのではあるが、株やFXとさほど変わらない倍率で不透明なリスクだけが残る

その為、せっかく仮想通貨に投資するのであれば、数倍程度の通貨に投資するのは、少々機会の損失だと思わざるを得ない。

なぜなら、その他のまだ上がりきっていない魅力ある通貨やトークンならば、数十倍の高騰が見込めるからだ。

あくまでも、暴騰に期待できる通貨に投資することが、今のトレンドに乗っかる方法だと見るべきである。

にほんブログ村 為替ブログへ
↑↑↑ 1日1回何れかにクリックお願いします。

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

歯に衣着せぬ発言で有名な”芸能界の女帝”こと上沼恵美子さんが、自身の番組『快傑 えみちゃんねる』にて、某タレントKを痛烈に批判しました。 番組では伏字が入っていましたが、共演者の反応を見ると、実録では ...

3

AKS社長である吉成夏子氏は、NGT48メンバーに対して”山口真帆暴行事件の事を気にするなら辞めろ”と発言したことが話題になっています。 他にも山口真帆さん本人は、吉成夏子氏から『お前は加害者だ』とは ...

4

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

5

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-仮想通貨
-,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.