最新トレンドを早く、深く、分かり易くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

相性がいいのは、運だけじゃない。 -2013年11月 仙台戦-

清水相手に、前掛かりになって攻めてくるとは、正直甘く見られているのかと思った。

清水は、順位こそ中位だが、今の内容は上位陣に引けを取らない。

堅固な守備と、カウンターが持ち味の仙台が、わざわざ自分らの特徴を出さずに、前掛かりに攻めた所で、主導権を握れると思っていたのか。

ホームラストゲーム、監督の勇退、様々な思いを抱えているのは分かるが、

勝ちに行くなら、尚更、自分らの戦いを貫くべきだった。

その方が、清水にとっては一番怖かったのに。

清水が仙台に相性がいいのは、運だけではないと思います。

今までの仙台の戦いぶりを見てると、得点源は、リャンのセットプレーやクロス、ウィルソンの個人技が主。

相手にとっては、絞り易い。

今日も、二人がボールを持てば、必ず二枚はついたよね。

加えて、勝ちゲームを見てみると、相手が前掛かりになった所をカウンターで、ウィルソンが抜け出してのゴールが多い。

要は、このチームの勝ち方は、後半、相手が攻め疲れた隙を突くものが圧倒的。

じゃ、清水にもそれが通用するかっていうと、通用しない。

なぜなら、昔から清水は、組織された守備が染みついており、90分間だれない。

仙台にとっては、隙が見つけられない。

今日の試合で言うと、ウィルソンやリャンにフリーでボールを渡すような真似は絶対しない。

また、攻撃陣は、清水の方がタレントが多いこともあって、1点あればそのまま逃げ切れてしまうというパターンで勝ちを続けてきた。

仙台に勝機があるとすれば、先週の天皇杯のように、相手が攻撃に傾いた所で、一気にカウンターでフリーを演出すること。

もしくは、セレッソやガンバ大阪のように、2列目3列目がどんどん飛び出して来るようなクラッシャーチームになるか、得点王になるぐらいの決定力のあるFWを入れるか。

今日の後半は、陣形を崩して飛び出す選手がいるかと思ったが、それらしい選手もいなかったし、数人ポジション被ってるし、折り返せば怖い場面でそのままシュート打ってくれるし、なんだかちぐはぐだった印象を受ける。

今日の試合、PKが無かったら、一方的に終わった可能性が高いと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
1日1回どちらかにクリックお願いします。

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

3

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-清水エスパルス

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.