最新トレンドを早く、深く、分かり易くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

もし、同じ内容で10試合していたら -鹿島戦-

更新日:

スポンサーリンク

やるべきことはやったけど、結果負けた。

試合は支配していたが、決定的なチャンスは相手の方がずっと多かったのではないか。

よく、2失点で凌いだものだ。

GKと1対1になりそうな所で、ヤコ、ヨンアピンが何度立ちはだかったことか。

特筆すべき守備力だ。

むしろ2失点の方が、よく入ったなというくらい。

O.Gや2,3回の跳ね返りを決められたのでは、どうしようもないか。

ただ、鹿島はさすがというか、1人1人の足元の技術が高い。

清水のハイプレスで、ここまでボールを獲れなかったのは、初めてではないか。

また、前への圧力も高く、押され気味の中での失点も偶然ではない。

ただ、最初は裏へ抜かれていたヤコも、すぐに対応し始めてから、相手の攻撃陣が一気に沈静化した。

まるで「舐めるなよ」と言っているみたいに。

相手もこれ以上有効な攻撃のバリエーションが無く、同じことの繰り返し。

一度面食らうと、相手の脆さが浮き彫りになった時間帯でもあった。

そして、それを可能にしたヤコの対応力、チームに流れをもってきたMOM級のプレーだと思う。

運動量、攻撃への厚みが勝りつつあった中で、2失点目を喫して逃げ切られたが、もし同じ内容で10試合していたら、勝敗は勝ち越していただろう。

次へ切り替えられる敗戦だ。

何より選手たちが"負けていなかった"と実感しているだろう。

強いチームは連敗しない。

次は意地になってでも、結果にこだわってほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
1日1回何れかにクリックお願いします。

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

3

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-清水エスパルス

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.