最新トレンドを早く、深く、分かり易くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

何がこの結果を生んだのだろうか -ナビスコ終戦-

更新日:

スポンサーリンク

神戸戦に負けた時点で、こうなることは簡単に予想できた。

攻撃がワンパターンに見えるのは、その前に走る体力を失ってるから。体力を失えば集中力も失う。もはや戦う集団では無くなっているということ。

もし、神戸戦を引き分けにさえ持ち込んでいれば、予選は突破できたね。

何が原因なのだろうか。

ノヴァを温存したから?

櫛引が2失点目を喫したから?

ノヴァを温存するのは、決して間違った選択ではない。来る3連戦、過密、本人の怪我を考慮すれば、ここで無理をさせて後半戦に響くのはどうしても避けたい。

ましてや、カードなどもらうことは、予測しがたい出来事だ。

櫛引に対しては、確かに2失点目は喫したが、フィードや飛び出しなど安定感は増してきた。失点は確かに痛かったが、それ以外のピンチにならないピンチは、しっかり潰していた。

逆に、今日の相澤なんかは、セーフティーをピンチにしてしまうプレーが多かった。相手が決めきれなかったのが幸いしたが、記録に残らないミスが多く、味方の時間帯を削減させた。

少し責任を分けて考えたい。

GKの層の薄さは、フロントの責任だ。山本だけでなく、林までも移籍させた。認識違いも甚だしい。

そして、ホームの神戸戦に、決めきれなかったのは、監督、選手の責任である。

監督、コーチ陣は、どれだけ重要であるかを充分に選手に言い聞かせたか?ここしかチャンスはないぞ、と奮い立たせたか?

選手は、パフォーマンスを100%発揮できたのか?コンディションの照準をしっかり合わせたのか?

プレーを見る限り、"残り3試合もあるから、大丈夫だろう"と油断した選手は、何人かいた。

1人1人、そうした気持ちの緩みがこの結果を生んだと自覚してほしい。

勿論、誰かが責任を取ってほしい。

必ずしも監督とは言えない。監督をサポートする人、選手に自覚を促す人、選手を補強する人。要はチーム一丸となってないから、このような結果が生まれる。

もし、監督だけに責任を押し付けるようであれば、4年は水の泡だと思っていい。

1人1人が足元を見つめて、何が悪かったのだろうかと反省しない限り、この敗戦は活かせないだろう。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
1日1回何れかにクリックお願いします。

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

3

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-清水エスパルス
-

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.