最新トレンドを早く、深く、分かり易くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

クラブ経営として、ゴトビ解任はどうだったのか。 -2014年8月FC東京戦-

更新日:

FC東京戦は、評価に値するとは思っていない。

試合結果も内容も見ての通りだし、何と言っていいのやら。

ただ、観戦している自分の意見としては、個々が自由に動きすぎて余計にボールが回らなくなった。

ルールが撤廃されて、解放された感がある反面、選手のほしい所にボールが来ない。意思疎通が、ん?って感じ。

といいつつ、大事に行こうとするときは、敵陣で足元ばかり回すので、勿論崩せない。

何がしたいん。。。?

大榎監督に期待していないわけではない

自分は前監督を持ち上げていたけども、新監督に期待していないわけではない。

勿論、後任は彼が適任だと思っていたし、J1での実績は無いにしろ、ユース等で着実に成果を見せていた点を見ると、期待せざるを得ない。

ただ時間は、想像していた以上にかかると思う。

通常なら、シーズンの切り替わり、中断期間や時間があるときに交代してやれば、解任される方も、新任する方もある意味、気持ちが楽なんじゃないかと思う。

中途では、新任する方も大変だし、それにクラブとしては、残留を賭けたリスクも生じることになり、存続に関わる。

それに違約金まで絡むとなると、アホの為せる業としか思えない。

このような問題が内部に存在すると分かっているならば、何故契約を更新した?一旦更新したならば、何故区切りまで腹をくくらない?

クラブ純資本が5億の中、違約金だけで2億近く?のぼるのであれば、半分取られるわけだ。

※違約金の情報は定かではない

貯金5億の内の半分を持っていくので、大打撃だ。

これで仮にJ2に落ちて(仮にだよ?)、収入減となれば負債を抱えてもおかしくない。

これだけでも、大榎監督に約束したという補強は、目立った補強は期待できないと容易に想像できる。

また、親会社にどこまで体力があるか分からないが、クラブは、過去の経験から、経費を極限まで切り詰めるだろう。

勿論、我々が愛した選手の何人かは、切るしかなくなると思う。(大前、高木、河井、吉田。。。。)

以上は、最悪な場合の話だけど、それだけクラブがリスクある選択をしたんじゃないか?

そして、わざわざそれだけのリスクを冒す必要があったのだろうか?

仮に続投していた方が残留する可能性は変わらないか、むしろ高いと思っている。

それは今日の試合を観て思った。このチームは、1からやり直す時間が無い上に、前監督の遺産(一部は負というが)であるチーム組織さえも揺らいでいると。

守備がバラバラなのは、前からだが、攻撃時は、チームとしての一貫性のある攻撃が無くなった。

ま、これは新監督の意向も含めて、どうしても選手が混乱する場面が多いと思うが、

外野は"みんな表情が明るくなったというが、明るくなって、この結果かい!"と、どうしても思ってしまう。

そしてクラブは、どんなに内紛が起きようとも、”お前らプロなら今シーズンはやり切れ”と、言えたはずだ。別にハラスメントがあるわけじゃないし、そこはプロとプロの会話が成り立つはずだ。

そしてこれは、清水というクラブが一枚岩じゃないと、醜態を晒してることと同義だ。

俺たちは、そんなクラブに身銭を切っているのか?

今シーズンの展望

今シーズンは、次の徳島戦が、大きな意味を持つんだろうな。

ここで負けるのはもちろん、引き分けでは残留の泥沼に呑みこまれる。

それに徳島は、後半戦、守備組織が非常に機能しているように見受けられるので、前半戦のように一筋縄ではいかないだろう。

このままだったら、引き分けじゃないかと不安で仕方がない。

マジックワードである、”新監督だから”は、一体どれほどの人に通用するのだろうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑
1日1回何れかにクリックお願いします。

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

3

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-清水エスパルス

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.