最新トレンドを早く、深く、分かり易くお届けするブログ

やらまいか発信

仮想通貨

COMSAトークンの上場日と取引時の展望予想

更新日:

 

11月15日現在、COMSAのICOで購入した方も、実はまだ注文を出しただけで、COMSAトークンは受け取っていません。

今後の取引までの流れは、下記です。

  1. COMSAトークンのZAIF上場(11月中旬から末頃)
  2. トークンの受け取り(Zaifもしくは各種ウォレット)
  3. ZAIFにて取引開始(11月末頃予定)

今回は、COMSAの上場日と取引開始日、そして注意点について記載する。

 

上場日

COMSAトークンがZAIFに上場される時期は、11月中旬から末頃を予定しているとのこと

ちなみにトークンの受け取りは、Zaif取引所か、もしくは各種ウォレット(Nano Wallet, MyEtherWallet)となっています。

どうせなら、Zaif取引所で受け取り、そのまま取引するのが、手っ取り早い気もします。

取引開始日

取引開始日についは、11月末頃を予定とのこと。待ち遠しいですね。

取引時の展望予想

日本初のICOを支援する会社を立ち上げるというのだから、嫌でも注目度は高い。

企業は金を集める為に、株式上場を目指すわけだが、制約が多く時間がかかる。

その点、ICOはハードルが低く、金を集めやすい。

この点に絞って、まずは将来性だけを考える。

まず、新規参入業者の信頼性が非常に不安定になると考える。

IPOなら、大体85%の上場会社の株式は、上場後に上がるが、ICOはそこまで信用できるだろうか。

でも中には、優良な企業も数多いだろうから、結果的に投機的な意味合いで、値段の上下が激しくなると予想できる。

後は運営会社のテックビューロが、本当に管理しきれるのかが最大の不安。

現在の仮想通貨取引サイト【Zaif】でも、新規登録に日数が掛かったり、アプリが使いづらかったりして、人手自体が少ないようにしか思えない。

いくらICOソリューションを立ち上げると宣言したところで、運営が後手後手だったりしたら、トークンの価値そのものが不安定になるだろう。

それでも期待価格で上昇するように思えはするが。

あまり信用しすぎれば、どこかで堰を切ったように暴落することもありそうなので、慎重を期す態度が求められそうだ。

 

にほんブログ村 為替ブログへ
↑↑↑ 1日1回何れかにクリックお願いします。

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

3

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-仮想通貨
-,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.