最新トレンドを早く、深く、分かり易くお届けするブログ

やらまいか発信

清水エスパルス

犬飼は鹿島でレギュラー取れるのか?

[写真]=Images for DAZN

もはや鹿島の選手になってしまった犬飼だが、本当に意味ある移籍だったのかは甚だ疑問だ。

本人は代表入りを見据えたなんて豪語しているが、そもそも試合に出続けられる環境が無ければ、アピールが著しく弱いからだ。

鹿島で試合に出続けることが出来るのか?その辺をまとめてみた。

スポンサーリンク

鹿島で試合に出続けるのは難しい

鹿島には代表DFが既に2人もいる状況で、且つ2人とも若く、これからの成長も見込める。

そもそも鹿島が犬飼に食指を伸ばしたのは、代表で抜ける穴のカバーが本来の目的で、決して喉から手が出るほど欲しかったわけではない。

こんな状況から顧みると、まず鹿島側は犬飼を第一DFとして見ていない。

そんな中でも存在感を示せれば、代表入りに近づくと思っているのだろうが、そもそも一度確立したDF陣は、怪我など不運が無い限り変えない。

彼が鹿島で出続けるには、不本意だが、まず同僚の不運に期待するしかない。

他に鹿島HPのリリースを見ても、心無しか、寂しく見えてしまう。

主力組クラスは、完全移籍で加入と書かれているのに対して、犬飼に関しては、単なる加入で終わらしてしまっている。

この辺も期待感の違いが見て取れる。

鹿島HP 犬飼選手が加入

六反も言っていたのは、「結局、J1で試合に出続けれなければ意味がない」ということ。

まさにその通りだろう。

結局、意味がある高い挑戦なのか?

私が言いたいのは、果たして犬飼の移籍は、意味がある高い挑戦なのか?

意味がある高い挑戦というのは、海外移籍など、レベルの高いリーグ、選手に揉まれながら、その中でも存在感を放ったときである。

サッカー選手で存在感を放つには、"まず試合に出続ける"→"結果を出す"→"監督に認めてもらう"のプロセスを踏まなきゃいけない。

鹿島の犬飼は、まずJ1クラスで試合に出続けることから始めなきゃいけない。

逆に言えば、意味がないのは、実力はありながら、試合に出続けられない→結果出せない→認められないの悪循環プロセス

いくら海外移籍にしたって、自分が出られる状況を調べてから出ていく。

そうじゃないと判断すれば、チャンスが来るまでしっかり自分を磨く。

犬飼にはこれから先、そんなチャンスがいくらでも訪れそうな気がしたが、慌てて判断したように見える。

ましてや清水から鹿島という、自国リーグの移籍で、どちらのクラブでも一律の基準で見られるであろう中での移籍だ。

本当に代表入りを目指すのであれば、負わなくてもいいリスクを背負った感が強い。

内田復帰が決定打か?

鹿島への移籍は、内田復帰が決定打との噂がある。

確かに海外経験は豊富だが、内田1人の存在で代表入りが目指せるわけがない。

内田から金言を授かったとしても、それを体現できる場所が無かったら、本末転倒だ。

鹿島でタイトルに絡みたいという意図もあるかもしれないが、主力クラスの出場時間が無ければ、達成感など沸かないのは、ほとんどの選手が言っていること。

彼が一体何を求めて移籍したのか、本当のところ分からないが、高い壁であることを知ってて移籍するのは、何物にも代え難い"何か"があったかもしれないが。

まとめ

本当にステップアップの為の移籍だったかどうかは、本人に聞いてみるべきだが、

少なくとも移籍先で試合に出続けられる状況が無いようでは、本来の目的達成には程遠いだろう。

ただ、周りの状況を見るに、背負わなくていいリスクをわざわざ背負った感じは強い。

その辺の人間力っていうか、結局は、自分への関心の無さっていうのが見え隠れしてもどかしい。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
↑↑↑1日1度どちらかクリックお願いします

今、注目されてる記事

1

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、実の娘を虐待し続けたのでしょうか? これは、本人がDV依存症であり、自身の生い立 ...

2

パフュームの1人、のっちこと「大本彩乃」 perfumeの中で一番の美人といえば、迷わず私は大本綾乃こと"のっち"を推します。 しかし、これほどまでに整った顔立ちは、幼いころから培われてきたのでしょう ...

3

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行を加えたわけではないのに、何故逮捕されたのでしょうか? どんな形で心愛ちゃんへの ...

-清水エスパルス
-,

Copyright© やらまいか発信 , 2019 All Rights Reserved.