スキャンダル

原田義昭がマスク転売!過去にも不祥事が!嫁や娘についても

先日、原田義昭前環境大臣がマスクを高額で転売していたことが報じられました。

原田義昭は1990年に初当選して以来、環境大臣や内閣府特命担当大臣を歴任するなど素晴らしい経歴ですが、過去にも不祥事を起こしていました。

そこで、原田義昭のマスク転売や過去の不祥事、家族について調べてみました。

スポンサーリンク

原田義昭の家族について

原田義昭は結婚しており、娘が3人いるようです。

しかし、家族のことはプライベートな部分なので詳しいことは明らかになっていません。

原田義昭の公式サイトはこちらです。

原田義昭のマスク転売や過去の不祥事について

原田義昭はマスク転売以外にも不祥事を起こしており、それは

  • 学歴詐称
  • 太陽光ビジネス

です。

1つずつ紹介していきます。

学歴詐称

原田義昭はホームページで「1976年9月に米国ボストンのタフツ大学大学院(フレッチャー・スクール)卒業」と表記していましたが、実際には単位が1つ足りず、卒業していませんでした。

 2004年1月に同じ福岡県選出の古賀潤一郎衆院議員(当時)の経歴詐称問題が発覚。原田はホームページで「政治家以前に人間として決して許されない」と痛烈に批判していたが、その4カ月後の5月、自身が選挙公報などに記載していた「米タフツ大政治外交大学院卒業」の経歴がウソだったことがバレた。市民団体から公選法違反容疑(虚偽事項の公表)で刑事告発され、泣きべそ会見を開いて文科副相を辞任。その後、自ら開催を求めた衆院政治倫理審査会に出席して釈明したものの、「(卒業証書は)もらった確信はあったが、現認したことがないのは事実」などとシドロモドロになって失笑を買った。

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

学歴詐称が発覚し、当時担当していた文部科学副大臣を辞任しました。

太陽光ビジネス

2019年7月に、詐欺で有罪判決を受けた人物と太陽光関係のビジネスを行っていたことが報じられました。

 原田義昭環境大臣(74)が、詐欺で有罪判決を受けた人物と、太陽光発電に絡むビジネスを行っていたことが「週刊文春」の取材で判明した。
「週刊文春」が入手した〈平成26年度 太陽光発電マイスター 太陽光発電技能者養成講座〉と題するパンフレットには「一般社団法人全国太陽光発電推進協議会(以下・協議会)代表理事」として、「衆議院議員 原田義昭」の名前と顔写真とともに、こんな一文が記されている。
〈「太陽光発電マイスター認定制度」につきましては、近い将来国家資格に昇格させることも視野に、充実した内容にしてゆく〉

出典:文春オンライン

さらに、『太陽光発電マイスター認定制度』合格のためのDVD教材などを約10万円で販売していたようです。

 その〈合格のための必須教材〉として、DVD教材などを約10万円で販売するビジネスを行っていたのだが、今に至るもそのような国家資格は存在しない。さらに問題なのは、原田大臣が組んだビジネスパートナー・Xの経歴だ。

 Xは、2006年に語学教材の販売をめぐる詐欺容疑で逮捕、起訴され、有罪判決を受けた。立件された分以外にも、約2500人に約15億円分の教材を売りつけた疑いがあり、「組織的に詐欺行為を繰り返した会社の頂点に立ち、犯行を積極的に主導した主犯格」と判決で指弾されている。「これで米大学の卒業資格が得られる」などと虚偽の誘い文句で語学教材を高額で販売した詐欺事件の構図は、太陽光発電関連教材のケースと瓜二つだ。

出典:文春オンライン

マスク転売

記事によると、福岡県内の医療団体に高額マスクの販売をあっせんしていたようで、マスクを1枚110円(税込)と高額な値段で販売していました。

原田義昭は記事に対して自身のホームページで抗議してます。

抗議文はこちらです。

Twitter上の反応

まとめ

原田義昭のマスク転売や過去の不祥事についてまとめてみました。

マスク転売のような不祥事は今に始まったことではなかったんですね。

今年で76歳になる原田義昭ですが、今後はどうするのでしょうか。

↓↓↓ランキングに参加しています。1日1回クリックお願いします
にほんブログ村 芸能ブログ 芸能トレンド情報へ

今、注目されてる記事

34,762view

1月24日に小学4年生の栗原心愛さんが虐待暴行された亡くなった件ですが、何故父親の栗原勇一郎容疑者は、何の罪悪感も無く、 ...

2,596view

千葉県野田市で小4女児の栗原心愛ちゃんが殺された件で、父親だけでなく母親の栗原なぎさ容疑者も逮捕されました。 一体、暴行 ...

-スキャンダル
-, , , ,

© 2020 やらまいか発信